« 田辺の旅⑨弁慶の腰掛石 | トップページ | 田辺の旅⑪弁慶社 »

2007年12月 2日 (日)

田辺の旅⑩弁慶松と弁慶産湯の井戸

田辺市役所の駐車場のところに弁慶松と弁慶産湯の井戸があります。

 現在の弁慶松は第六代目。

五代目弁慶松は、江戸時代の藩主・安藤氏が闘鶏神社の裏山から移植したもので、高さ15m、周囲4mの巨木となっていたが、昭和50年に枯れ死した。
 しかし、現在その種子から育った弁慶松が市役所や岩手県平泉の弁慶の森で育っている。(田辺市観光協会パンフレットより)

五代目弁慶松があったところには、現在は弁慶松跡の案内板が残っています。

 弁慶の産湯の井戸の水を汲んだと伝えられている産湯の井戸は、昭和35年まで田辺第一小学校内にあったが、平成元年田辺市役所前に復元した。(田辺市観光協会パンフレットより)

弁慶松跡    弁慶産湯の井戸         六代目弁慶松 CC_3 Photo_2 C_2    

|
|

« 田辺の旅⑨弁慶の腰掛石 | トップページ | 田辺の旅⑪弁慶社 »

コメント

浮世絵の絵で見ると、かなり大きな弁慶松だったというのが分かります。
その当時から、観光名所だったのでしょうね。

ところで、平泉に「弁慶の森」って、あったのですか?
知らなかったな~

投稿: merry | 2007年12月 3日 (月) 10時41分

merryさん、コメントありがとうございます。

そうですね。
弁慶松跡まで史跡として残っているのだから
きっと立派な松だったのでしょうね。

平泉の弁慶森・・・気になったので検索したら
弁慶森に行った方のブログを発見しました。

http://tsubuyaki.bg.cat-v.ne.jp/article/50620.html

投稿: しずか | 2007年12月 3日 (月) 11時19分

しずか さん

こんばんは。
弁慶のゆかりってホント色々あるんですね。

歴史上の人物で
ここまで伝説や遺跡史跡が存在するのって
弁慶が一番?でしょうか。

それから大河は、霧が晴れて
いないはずの上杉軍が眼前に!!!そして次回に続く!!を予想していたのですが、そこまでいかなかったですね(苦笑)

引っ張るなぁ~!

投稿: 「感動創造」 | 2007年12月 3日 (月) 18時36分

「弁慶の森」のブログ見ました。
ここは、ちょっと大変そう・・

投稿: merry | 2007年12月 4日 (火) 08時45分

感動さん、コメントありがとうございます。

そうですね。
史跡だけでなく、食べ物の名前になっていることも多いですね。
今回食べたのに「弁慶定食」というのがありましたよ。

大河・・・たしかに引っ張りすぎかも。(笑)

投稿: しずか | 2007年12月 5日 (水) 01時39分

merryさん、やっぱりそう思う?

ここは私行けそうにないわ・・・

投稿: しずか | 2007年12月 5日 (水) 01時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 田辺の旅⑨弁慶の腰掛石 | トップページ | 田辺の旅⑪弁慶社 »