« 静供養塔(白沙村荘) | トップページ | 源朝長(1) 積雲院の朝長の墓  »

2008年5月26日 (月)

一乗寺下り松

京都から比叡山、近江の坂本に通じる道しるべとして植えられた一乗寺の松は、宮本武蔵と吉岡清十郎の一門数十人と決闘した地として有名です。
現在の松は昭和57年に植えられた4代目で、松の横には「宮本武蔵・吉岡決闘の地」という石碑が建っています。
その他にも、1336年、楠木正成が足利軍と対峙して、この地に陣を構えたことも伝わっています。

その他、平敦盛の北の方が、一の谷の戦いで戦死した敦盛の遺児を、この松の下に捨てたところ、通りがかった法然上人が拾い、立派な僧に育てたという敦盛遺児伝説も残されています。
残念ながらその伝説を示す石碑などは見当たりませんでした。

Img_4232_c Img_4233_c Img_4238_c

人気ブログランキング参加中
 投票お願いします!
人気ブログランキング

FC2ブログランキング参加中
 投票お願いします!
FC2ブログランキング

|
|

« 静供養塔(白沙村荘) | トップページ | 源朝長(1) 積雲院の朝長の墓  »

コメント

ここには、詩仙堂に行くときに寄った事があります。
宮本武蔵も大河ドラマになった年がありましたね。

ところで、敦盛には子供もいたのですか・・
敦盛が子供だと思ってましたが・・(笑)

投稿: merry | 2008年5月29日 (木) 11時49分

merryさんなら絶対ここに寄っていると
思っていましたよ!(笑)
ここはわかりやすい場所にありますね。

敦盛は若くして亡くなったのに、子供が
いたのですね。
今の若者でいうと本当に子供の年ですよね。

投稿: しずか | 2008年5月29日 (木) 15時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 静供養塔(白沙村荘) | トップページ | 源朝長(1) 積雲院の朝長の墓  »