« 頼光と酒呑童子の伝説(3) | トップページ | 頼政の鵺退治(2) »

2008年8月15日 (金)

頼政の鵺退治(1)

源頼光の曾孫である頼政は、歌が上手く、弓矢の術にも長けていた。
保元の乱、平治の乱でも功をあげたが、源氏だっただけに大した恩賞にもあずからなかった。
後に従三位になり、源三位入道と呼ばれることになる。
その頼政が50歳頃の話である。

ときの近衛天皇が、毎夜何物かに怯え、気絶することが度々あった。
宮中では僧に命じて祈祷させたが、症状は一向にによくならない。
公卿たちも心配し、天皇の様子がおかしくなる時によく見ると、東三条の森の方から黒い雲のようなものが立ちこめ、御殿の上を覆うと天皇が苦しまれることがわかった。
「これは物の怪に違いない」と
武士に任せることになり、選ばたのが頼政であった。

深夜2時頃、弓矢を持った頼政が待ち構えていると、噂通り黒い雲が東の方から御殿の上にたなびいてきた。
「出たな、怪物め!」
空を見上げると、雲の中に怪しい物がうごめいている。
頼政は、矢を取って「南無八幡大菩薩」と唱え、矢を一気に放った。

人気ブログランキング参加中
 投票お願いします!
人気ブログランキング

FC2ブログランキング参加中
 投票お願いします!
FC2ブログランキング

|
|

« 頼光と酒呑童子の伝説(3) | トップページ | 頼政の鵺退治(2) »

コメント

源頼光と源頼政。
私の頭の中で、ずっとこの二人がごっちゃになってました。

その違いが分かったのは「義経」の年です。
「頼政=丹波哲郎」のイメージが出来た時、すっきりしました(笑)

やっぱり歴史上の人物は、肖像画がないとイメージしにくいですね。


投稿: merry | 2008年8月16日 (土) 19時17分

merryさん、コメントありがとうございます。

頼政=丹波哲郎 たしかにそうですね!
私も頼政といえば丹波さんの顔しか浮かんできません(笑)
大河ドラマを見ていると、影に隠れた人物も覚えるように
なりますね。

投稿: しずか | 2008年8月17日 (日) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 頼光と酒呑童子の伝説(3) | トップページ | 頼政の鵺退治(2) »