« 薄墨の笛について(2)800年前のこと | トップページ | 薄墨の笛について(4)10年前のこと »

2008年11月13日 (木)

薄墨の笛について(3)400年前のこと

今から400年前のこと、薄墨の笛は、駿河の大名・中村一氏によって補修されたとの記録が残っています。

源義経所持 薄墨の笛 中村式部少輔 再興 笛の頭に金にての字を置けり
(「
駿河国新風土記」の久能寺の条より)

中村一氏は、近江国甲賀出身で、甲賀二十一家の一つ、瀧(多喜)氏の出とされ、豊臣秀吉に仕えていました。
後に駿河の大名となり、所領にある久能寺に伝わる義経の薄墨の笛が破損していたので、文禄4年(1595年)に笛を修理して納めた書かれています。

久能寺物薄墨之笛損候 在当国 立節拵直遣之華 末代無他出 可被重宝之候也

文禄四年卯月廿二日 中村式部少輔一氏

久能寺衆徒中

そして、記念(しるし)として、自分の苗字であるの字を、金で笛の頭に埋め込んだとあります。
演奏会の際に見せていただいた薄墨の笛にはたしかに「村」の字が刻まれていました。

人気ブログランキング参加中
 投票お願いします!
人気ブログランキング

FC2ブログランキング参加中
 投票お願いします!
FC2ブログランキングImg_4890_c

|
|

« 薄墨の笛について(2)800年前のこと | トップページ | 薄墨の笛について(4)10年前のこと »

コメント

「中村一氏」と言えば、山内一豊の同僚ですね。
「功名が辻」では、田村淳が演じてました。

義経に関連してその名前を聞くなんて、驚きです。
そして、その立派な行いが嬉しいですね。

投稿: merry | 2008年11月17日 (月) 19時36分

merryさん、コメントありがとうございます。

「功名が辻」のロンブーが演じた中村一氏が
まだ記憶に新しいですね。
まさか義経と関連していたとは私も驚きました。
やはり「歴史は繋がっている」のですね。

投稿: しずか | 2008年11月17日 (月) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 薄墨の笛について(2)800年前のこと | トップページ | 薄墨の笛について(4)10年前のこと »