« 薄墨の笛について(4)10年前のこと | トップページ | 石清水八幡宮(1)男山ケーブルで »

2008年12月11日 (木)

毘沙門堂

毘沙門堂の前身は、文武天皇の勅願により、大宝3年(703年)に行基が開いた出雲寺。
鎌倉初期に、
平親範が、平家ゆかりの平等寺と尊重寺・護法寺の3つの寺院を合併して復興しました。
平等寺は太秦、尊重寺は五辻、護法寺は伏見に造営されていました。
江戸時代の復興の際、出雲寺から伝えられていた毘沙門天像を本尊としたことから、毘沙門堂と呼ばれるようになりました。
公弁法親王が入寺して以来、門跡寺院となり、天台宗京都五門跡の一つに数えられています。

11月末に毘沙門堂を訪ねました。
ちょうど紅葉の美しい頃で、参道は紅葉で埋め尽くされていました。

人気ブログランキング参加中
 投票お願いします!
人気ブログランキング

FC2ブログランキング参加中
 投票お願いします!
FC2ブログランキング Img_5623_cImg_5663_cImg_5634_c Img_5643_c

« 薄墨の笛について(4)10年前のこと | トップページ | 石清水八幡宮(1)男山ケーブルで »

平親範」カテゴリの記事

コメント

久しぶりに写真をクリックしたら、飛び出してきてビックリ(笑)
いつの間にか、こんな設定に変わっていたのですね。

毘沙門堂の紅葉綺麗ですね。
また機会があれば、行きたいですね。

merryさん、コメントありがとうございます。

ここは今回行った中で一番のお気に入りです。
あまり人がいないし、穴場といえますね。
来年も桜か紅葉の時期にまた行きたいです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 薄墨の笛について(4)10年前のこと | トップページ | 石清水八幡宮(1)男山ケーブルで »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ