« 静岡の旅(3)梶原景時ゆかりの鬢水 | トップページ | 静岡の旅(5)梶原景時ゆかりの高源寺 梶原一族の供養碑 »

2009年3月21日 (土)

静岡の旅(4)梶原景時ゆかりの「駒喰い笹」

鬢水のすぐ近くには「駒喰い笹」という史跡も残っています。

人も馬も、疲れ果てて、山中をさまよったので、梶原景時の乗馬「磨墨」(するすみ)は、空腹のあまり笹の葉を喰いちぎった。
すると、笹の葉に「
矢筈」(やはず)のような磨墨の歯形がつき、以来この地の笹は、刃先が葉型のように枯れたので、人々はこれを「駒喰い笹」と呼ぶようになった。
ちなみに梶原氏の家紋には、「
矢筈」が使われている。(案内板より)

人気ブログランキング参加中
 投票お願いします!
人気ブログランキング

FC2ブログランキング参加中
 投票お願いします!
FC2ブログランキングImg_4684_c Img_4685_c       矢筈Photo

|
|

« 静岡の旅(3)梶原景時ゆかりの鬢水 | トップページ | 静岡の旅(5)梶原景時ゆかりの高源寺 梶原一族の供養碑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 静岡の旅(3)梶原景時ゆかりの鬢水 | トップページ | 静岡の旅(5)梶原景時ゆかりの高源寺 梶原一族の供養碑 »