« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月21日 (土)

静岡の旅(4)梶原景時ゆかりの「駒喰い笹」

鬢水のすぐ近くには「駒喰い笹」という史跡も残っています。

人も馬も、疲れ果てて、山中をさまよったので、梶原景時の乗馬「磨墨」(するすみ)は、空腹のあまり笹の葉を喰いちぎった。
すると、笹の葉に「
矢筈」(やはず)のような磨墨の歯形がつき、以来この地の笹は、刃先が葉型のように枯れたので、人々はこれを「駒喰い笹」と呼ぶようになった。
ちなみに梶原氏の家紋には、「
矢筈」が使われている。(案内板より)

人気ブログランキング参加中
 投票お願いします!
人気ブログランキング

FC2ブログランキング参加中
 投票お願いします!
FC2ブログランキングImg_4684_c Img_4685_c       矢筈Photo

| | コメント (0)

2009年3月 6日 (金)

静岡の旅(3)梶原景時ゆかりの鬢水

梶原山公園の駐車場近くにも、「鬢水」という梶原景時ゆかりの史跡があります。

この岩の間からは、清冽な水が滾々と湧き出し、厳冬でも涸れることがなかったといわれている。
すでに覚悟を決めていた梶原景時たちは、岩間の水を両の掌に受けて、顔を洗い、喉をうるおした。
そして、水鏡に映して、鬢のほつれを直して、身を整え、自刃の地である山上を目指したので、この岩間の水を「
鬢水」または「鬢洗いの水」と呼ぶようになったという。
(案内板より)

足を滑らしそうになりながら、鬢水に近づいて覗いてみましたが、残念ながらこの時は、流れ出る水は確認できませんでした。weep残念down

人気ブログランキング参加中
 投票お願いします!
人気ブログランキング

FC2ブログランキング参加中
 投票お願いします!
FC2ブログランキングImg_4686 Img_4683_c

| | コメント (4)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »