« 近江路・歴女ブロガーの旅紀行(1)妓王の故郷・野洲 | トップページ | 近江路・歴女ブロガーの旅紀行(3) 京阪電車おおつ1day切符の旅 »

2010年10月 2日 (土)

近江路・歴女ブロガーの旅紀行(2)義経元服の地・鏡の里

竜王・かがみの里へ向かいますcar 

その前に、大篠原の平家終焉の地「宗盛塚」へ

Img_0940_b

頼朝の命を受けた義経の部下により、斬首された

平宗盛・清宗父子が国道8号から細い道を入ったところに、

ひっそりと眠っています。

Img_0943_b

右が宗盛公の塚です。

義経様のせめてもの配慮で、父子の胴は、ひとつの穴に埋められたと

いいます。

さていよいよ「義経元服の地」として知られる竜王町へ

義経元服の地は、諸説あります。

「平治物語」では、鏡の宿、「義経記」では熱田神宮となっていますね。

兄・頼朝の母が、熱田神宮の宮司の娘であったので、自分が

元服するのにふさわしい地であると思ったのではないかと・・・

熱田神宮の記事はこちら

鏡の宿に伝わる話では、鞍馬寺を抜け出した遮那王様は、

兄を訪ねるために、金売吉次と供に、京から東国へと向かう途中に

この鏡の宿に立ち寄ったとされています。

Img_0952_b_2

烏帽子形がユニークな道の駅・かがみの里

Img_0948_b_3

駅の内部にはこんな絵が

Img_1000_b_2

義経さまの元服姿を描いた絵なのでしょうね。

でも何となくお顔が中井貴一さんに似ているような・・・coldsweats01

一瞬、頼朝さまかと思ってしまいました(^-^;

かがみの里のキャラクター 近江うし丸くんlovely

Img_0999_b_3 

駅前には、義経さま&静御前の顔出し看板が

Img_0949_b_2

もちろん私も顔を出して記念ショットを撮りましたよcamera

どっちになったのか・・・って?

もちろん両方にですよ~happy02

この幟を見ただけでも、テンションアップup

Img_0953_b

このかがみの里を中心として、国道8号沿いに、義経元服の地の史跡が

並んであります。

義経さまが、元服の際、前髪を落とし、侍姿を池の水に映したという

元服池

Img_0959_b

義経さまが参拝したという鏡神社

Img_0967_b

境内社の八幡神社には義経さまが祀られています。

Img_0976_b

義経さまが烏帽子を掛けたという烏帽子掛松

Img_0962_b

義経さま御一行が泊まったされる旅館・白木屋の跡碑

義経宿泊の館跡

Img_0990_b

義経の烏帽子を折った烏帽子屋 五郎太夫の屋敷跡

今はこんな荒地になってますが(;´д`)トホホ…

Img_0995_b

ここは、看板が表から見えないところにあるので、わかりにくいです。

Img_0994_b

国道を一歩裏に入れば、このような景色が広がっています。ヽ(´▽`)/

Img_0992_b

そろそろランチタイムになったので、道の駅・かがみの里に戻り

駅の中のレストランで、鎌倉時代の武士の祝い膳を再現した

義経元服料理をいただきました。

(元服料理は3名からの予約)http://www.rmc.ne.jp/kagaminosato/restaurant/genpuku.html

静御前の間に通され

Img_1001_b

待っていたのは

Img_1002_c_2

このような豪華料理!( ^ω^)おっおっおっ

塩鰤(ぶり)のぬた、車えび、鴨とかぶら甘煮、塩鯖、

里芋・椎茸・川海老の煮物・赤・白かぶの漬物、里芋の揚げ物

地酒の白酒がついて、2100円。

(味付けは現代風にアレンジしてあるとのこと)

義経様になった気分でいただきました!

鏡の里では、毎年3月に元服式を行っていて、

女の子も参加しているようですね。

13歳以上なら年齢制限がないとのこと(*^-^)

これも一度体験してみたい (・∀・)イイ!


人気ブログランキング参加中

 投票お願いします!
人気ブログランキング

FC2ブログランキング参加中
 投票お願いします!
FC2ブログランキング

|
|

« 近江路・歴女ブロガーの旅紀行(1)妓王の故郷・野洲 | トップページ | 近江路・歴女ブロガーの旅紀行(3) 京阪電車おおつ1day切符の旅 »

コメント

いよいよ歴女ブロガーの記事アップがはじまりましたね。

時間を追っての記事、次に訪問するひとにわかりやすいでしょう。

写真を多く使った、元服料理の紹介も鏡の里道の駅のPRにもなります。

歴女が尋ねる滋賀の旅、楽しみにしています。

投稿: ラメール | 2010年10月 2日 (土) 11時33分

ラメールさん、早速コメントありがとうございます!

アップしては、あ~またあれも書き忘れた!と訂正して

の繰り返しです(汗)

帰って来てからも忙しい日々が続きますね~(笑)

今からそちらにも伺います!

投稿: しずか | 2010年10月 2日 (土) 11時43分

素敵ですね~。
この地を絶対に訊ねてみたい!
その気持ちを強くさせてもらいました・・・。

綺麗な秋晴れが
過ぎた時の重みを爽やかな気持ちにさせてもらえます。

この道程のあとに、静御前の間での
お食事は本当に満足されたことでしょうdelicious
ひとつひとつ丁寧に言葉が添えてあり
感動しました。

投稿: はな | 2010年10月 2日 (土) 14時30分

はなさま、訪問&コメントありがとうございます!

そのようなお言葉をいただけると大変嬉しく思います。

ぜひぜひこの地をいつか訪れることをお勧めいたします。

その際には、元服料理も召し上がってみてください。

ご家族なら予約OKですよ~!

またお時間のある時に覗いてみてくださいね。

投稿: しずか | 2010年10月 2日 (土) 15時48分

改めて義経元服料理を見ると、なかなか豪華です。
これで2100円とは安いですね。

滋賀ののどかな田園風景の写真をアップしていただいて、嬉しいです(*^。^*)

投稿: merry | 2010年10月 3日 (日) 22時16分

merryさん、いろいろとお世話になり、ありがとうございました!

元服料理、3名からの予約ということでしたので

ちょうど3名いて良かったです。

あの内容なら2100,円はお安いですね。

投稿: しずか | 2010年10月 4日 (月) 01時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近江路・歴女ブロガーの旅紀行(1)妓王の故郷・野洲 | トップページ | 近江路・歴女ブロガーの旅紀行(3) 京阪電車おおつ1day切符の旅 »