« 近江路・歴女ブロガーの旅紀行(2)義経元服の地・鏡の里 | トップページ | 近江路・歴女ブロガーの旅紀行(4)湖北の味を堪能! »

2010年10月 3日 (日)

近江路・歴女ブロガーの旅紀行(3) 京阪電車おおつ1day切符の旅

一日目の午後13:00 かがみの里を発って守山へ

寛永19年(1642年)江戸幕府は、中仙道を整備し、

守山宿を67番目の宿場としました。

中仙道の町並み

Img_0900_b

中仙道沿いには、今も宿場町を思わせる建物が残っています。

Img_0903_b

守山の源内塚

頼朝に逆討ちにされた源内兵衛弘が村人に供養されたという塚です。(左側)

Img_0908_b

JR守山からJR石山まで電車で移動。

京阪線との連絡通路には芭蕉像が

Img_1011_c

おおつ1day切符 石山坂本線一日乗り放題 (500円)で、

京阪線沿いの史跡巡り

ちょっとした待ち時間もラッピング電車を見て楽しんでいました。

Img_1137_b

龍馬さんも!

Img_1141_b

唐橋前下車 

東国へ攻め上がる義経・範頼軍と義仲軍の戦った瀬田の唐橋

瀬田川の攻防戦は、戦の勝敗を決めるところとして、

「唐橋を制するものは、天下を制す」といわれてきました。

Img_1018_b Img_1019_b

石山寺下車 

頼朝、淀殿、芭蕉ともゆかりのある石山寺

駅を降りるとこの塔のモニュメントが

Img_1020_b  

駅からてくてく歩いて10分ほどで東大門(仁王門)に到着。

Img_1021_b

1190年、頼朝が寄進したと伝えられ、1600年には

淀殿によって大修理が行われました。

多宝塔の下には、巨大なケイカイ石がcoldsweats02

これが寺名の由来になっているそうです。

Img_1042_b

多宝塔、鐘楼も頼朝寄進とされています。

Img_1055_b Img_1044_b

石山寺は別名「花の寺」とも呼ばれています。

この季節は、秋の七草のひとつ萩に彩られていました。

Img_1066_b

京阪膳所下車 

木曽義仲ゆかりの義仲寺

Img_1076_b

ここには、義仲と愛妾・巴御前が眠っています。

Img_1085_b Img_1096_b

三井寺下車 三井寺

琵琶湖疎水を眺めながら歩くと

Img_1100_b

弁慶橋と書かれたような橋がsign02

Img_1131_b Img_1132_b

やはり三井寺は、弁慶ゆかりの寺だからなのか・・・

駅から歩いて約10分で仁王門に到着

仁王門

Img_1127_b

三重塔

Img_1117_b

弁慶の引き摺り鐘を見学

比叡山と三井寺の争いの際、弁慶が鐘を比叡山まで引き摺って

持ち帰り、鐘を撞いたところ、「イノー(帰りたい)」と響くので、

弁慶が怒って谷に投げ捨てました。

その時ついたとされるヒビや引き摺ったような跡が残っています。

Img_1114_b

おまけに汁鍋もΣ(゚д゚;)

Img_1115_b

弁慶の伝説に纏わるものは、豪快なものが多いですね。

また近江八景のひとつ三井の晩鐘も見逃せません。

弁慶の引き摺り鐘の跡継ぎとして、鋳造されたそう。

Img_1104_b

とにかく三井寺は広いsign01

まだまだ紹介しきれないので、また後日ゆっくりと・・・

粟津下車 

膳所城勢多口総門跡(粟津の番所跡)

粟津は、木曽義仲が最期を遂げた地。

家臣の今井兼平と二人になった義仲は、自害する場所を求めて

粟津の松原へ馬を走らせました。

Img_1138_b

その後、江戸時代になり、番所が建ち、京へ向かう旅人を

監視していたといいます。

膳所城は、関ヶ原に勝利した家康が、膳所崎に築かせた水城で、

今は膳所城勢多口総門跡の石碑がポツンと残されています。

京阪石山下車 

義仲の家臣・
今井兼平の墓へ

Img_1147_b

義仲が討ち取られると、兼平も自ら太刀先を口に銜えて

馬から飛び降り、壮絶な最期を遂げました。

18時をまわったとlころで、一日目の日程を無事終了happy02

あ~疲れた~ι(´Д`υ)アセアセ

人気ブログランキング参加中
 投票お願いします!
人気ブログランキング

FC2ブログランキング参加中
 投票お願いします!
FC2ブログランキング

|
|

« 近江路・歴女ブロガーの旅紀行(2)義経元服の地・鏡の里 | トップページ | 近江路・歴女ブロガーの旅紀行(4)湖北の味を堪能! »

コメント

盛りだくさんの一日でしたね。
最後の「今井兼平の墓」の写真は日が暮れてます(笑)

それにしても、粟津の番所跡では困り果てましたね。
せめて公的なHPは、最新の情報に書き換えて欲しいと思います。

投稿: merry | 2010年10月 3日 (日) 22時26分

merryさん、お疲れ様でした!

あの日は、日暮れまで頑張りましたね(笑)

いろいろとトラブルもありましたが、どれも良い

思い出になりそうです。

粟津の~も(笑)

投稿: しずか | 2010年10月 4日 (月) 01時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近江路・歴女ブロガーの旅紀行(2)義経元服の地・鏡の里 | トップページ | 近江路・歴女ブロガーの旅紀行(4)湖北の味を堪能! »