« 近江路・歴女ブロガーの旅(6)竹生島クルーズ&竹生島観光 | トップページ | 近江路・歴女ブロガーの旅紀行(8)大河ドラマ「江」の舞台・長浜散策 その壱 »

2010年10月 7日 (木)

近江路・歴女ブロガーの旅紀行(7)竹生島から義経隠れ岩へ

竹生島港から今津港行きの便が予定通り出ることに ヽ(´▽`)/

良かった~!!

Img_1281_b

10:00 船に乗り込むと、私たちが乗り込むとすぐに出港 w(゚o゚)w

竹生島発10:10⇒今津港着10:40 の予定でしたが・・・

予定時間より10分も早い!

(でも、このわずか10分が後で思えば、貴重な10分になったのでした。)

おまけに船内を見渡すと、私たち二人だけ~?

貸切状態だ~ と子供のようにはしゃいでいるうちに 

Img_1284_b

10:38 今津港着

(10分早く出たわりには遅かったな~)

今津港からJR近江今津駅まで徒歩約5分なのですが、

10:43発の湖西線にどうしても間に合いたい!

なぜなら、一時間に一本しか走ってないから (゚ー゚

ということで、今津港からJR今津駅までDASHすることにrun;

駅員さんに、電車が既にホームに到着しているから、

切符は後で買うようにと言われ、

改札を駆け抜けてホームに ι(´Д`υ)アセアセ

どうにか間に合いました!

JR近江今津からJRマキノへ (乗車時間7分)

Img_1293_b

そこからはバスの便が悪いので、海津大崎までタクシーを利用

しかし・・・・・・

タクシーの運転手さんが「義経隠れ岩」の場所を知らなかった~

(ノ∀`) アチャー

海津大崎は、琵琶湖沿岸4Kmにわたり、ソメイヨシノ約600本が

桜のトンネルをつくる桜の名所で有名なところ。

お花見のためでなく、ひとつの岩を見にタクシーを走らせる人は

ほとんどいないでしょうね~ coldsweats01

良かった~ 観光協会の方に地図をもらっておいて!

Img_1286_c

湖岸の遊歩道を10分ほど走っていると・・・

あ、あの岩じゃないの~?

確信はありませんでしたが、とりあえず車を停めてもらい、

海岸に降りてみると

やっぱり!!

Img_1290_b

これこれ!!

Img_1287_b

義経隠れ岩

文治3年、義経主従が大津より北陸に都落ちする時、

海津着船の際、敵に知られないようにしばらく隠れていたと

伝えられる岩です。

謡曲「安宅」の中でも謡われています。

(上の説明より)

岩の大きさは、高さ1.7m幅2mほどで、近寄ってみると、

たしかに岩の下方に空洞がありました。

小柄な義経さまなら隠れることができたのかな~?(゚ー゚)

それだけ見ればもう満足!

運転手さんは、さぞ不思議に思ったでしょうね。

岩に喜ぶ私を見て ( ゚д゚)ポカーン

そしてまたマキノ駅へリターンcar

次はまた長浜へ戻るため、近江塩津への電車を待ちます。

JRマキノ湖西線(近江塩津行)⇒JR近江塩津⇒北陸本線でJR長浜駅へ 

人気ブログランキング参加中
 投票お願いします!
人気ブログランキング

FC2ブログランキング参加中
 投票お願いします!
FC2ブログランキング

|
|

« 近江路・歴女ブロガーの旅(6)竹生島クルーズ&竹生島観光 | トップページ | 近江路・歴女ブロガーの旅紀行(8)大河ドラマ「江」の舞台・長浜散策 その壱 »

コメント

これは、すごい計画ですね。

しかし、計画通りに実行、さすが義経ブログの第一人者ですね。

タクシーの運ちゃんも知らない隠れ岩、見つかってよかったですね。

何が面白くて岩を見にこんな遠くまで来たのだろうとおもうでしょうね。

goodgoodgoodfullfullfull

投稿: ラメール | 2010年10月 8日 (金) 00時57分

ラメールさん、おはようございます!

この岩は、merryさんが桜並木を見ながら
歩いていて偶然発見したのですって!
それで連れて行ってもらったのです。
史跡として紹介はされていますが、
詳しい地図までは載っていないのですよ。

投稿: しずか | 2010年10月 8日 (金) 07時41分

>あ、あの岩じゃないの~?

あのしずかさんの直観力には、恐れ入りました(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

すごいパワーですね。

義経様の背後霊がついてますheart04

投稿: merry | 2010年10月 8日 (金) 21時25分

merryさん、この岩にもお付き合いしていただいて
ありがとうございました。

タクシーを走らせてまで行ったところなので
どうしても見逃すことはできないと必死でした!
きっと義経さまが「そこだ~!」と教えてくれたのかも~(笑)

投稿: しずか | 2010年10月 8日 (金) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近江路・歴女ブロガーの旅(6)竹生島クルーズ&竹生島観光 | トップページ | 近江路・歴女ブロガーの旅紀行(8)大河ドラマ「江」の舞台・長浜散策 その壱 »