« 近江路・歴女ブロガーの旅紀行(7)竹生島から義経隠れ岩へ | トップページ | 近江路・歴女ブロガーの旅紀行(9)大河ドラマ「江」の舞台・長浜散策 その弐 »

2010年10月 8日 (金)

近江路・歴女ブロガーの旅紀行(8)大河ドラマ「江」の舞台・長浜散策 その壱

再び長浜到着dash

午後は来年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」の舞台・長浜の街を歩きます。

長浜観光に便利な長浜浪漫パスポート「浅井三姉妹手帖」が発売されています。

Img_1295_b

秀吉の城下町として開かれた長浜は、北国街道沿いの街として栄え、

今でもその面影を町並みの中に残しています。

その中の旧所・名所を訪ねてみましょう。

長浜駅東口からスタート!

秀吉と三成出逢いの像

Img_1187_c Img_1185_b

秀吉が祀られている豊国神社

秀吉の没後、長浜の町民が建立。

Img_1379_b Img_1378_b Img_1374_b

戦国武将の幟が

Img_1380_b

駅の西口へまわり、豊公園を通って行くと、3層5階の城郭風の

建物が現れます。

長浜城は、秀吉が長浜の領主となった天正年間に築いた城。

現在の建物は、1983年に再興されたもので、中は歴史博物館に

なっています。

長浜城歴史博物館では、湖北の文化や歴史が学べます。

Img_1196_b_2

湖岸道路から明治ステーション通りに進むと、現存する日本最古の

駅舎である旧長浜駅舎が現れます。

長浜鉄道文化館・北陸線電化記念館とあわせ、長浜鉄道スクエア

よばれています。

Img_1407_b Img_1408_b

その向い側には、 明治天皇の安在所として建てられた慶雲館

あります。

Img_1382_b Img_1385_b Img_1391_b

この先で入館料200円を払うと

Img_1393_b   

小川治兵衛作の池泉回遊式庭園が見られます。

Img_1398_b Img_1399_b Img_1401_b Img_1405_b Img_1404_b

これだけ見られて、200円とは安い!

毎年2月から約1ヶ月開かれる盆梅展では、多くの人々で

賑わうそうです。

慶雲館を出て、明治ステーション通りを東に進むと、

地ビールの店の長浜浪漫ビールがあります。

今回は寄る時間がありませんでしたが、いつかぜひ地ビールの味を

楽しんでみたいです。

Img_1409_b

ここを過ぎると、左手には舟板べいの旧商家が現れます。

舟板べい

北国街道沿いには、今も港町の風情を残す舟板塀・紅穀格子

虫籠窓の家が残っています。

Img_1410_b

馬つなぎ石

Img_1411_b

これより北国街道に入り、右折します。

長浜名物・豊公もなかのお店を通り過ぎると、神明神社があります。

長浜八幡宮が、かつて八幡町にあった時には、この神明神社は、

現在の八幡宮の場所にありました。

秀吉が長浜城主になり、八幡宮を今の宮前町に移す時に、

この地に移ってきたそうです。

Img_1417_b

ここから北に少し歩くと右手に妙法寺があります。

小谷城下から移った寺で、秀吉の子・秀勝の菩提寺と伝わっています。

お寺の縁起によると、元は浅井氏・小谷城下の長尾寺という

天台寺院でしたが、天正元年(1573年)、湖北の領主となった秀吉の

長浜築城に伴い、長浜城下に移りました。

その頃、秀吉に男子が誕生したことを祝って、長浜城下の町民に

砂金をふるまい、これを元に、長浜曳山祭りが始まったとされています。

Img_1420_b Img_1422_b  

「滋賀県の歴史散歩」によると、かつてあった秀勝像とされる肖像画は

消失してしまい、秀勝の墓所とする確実な根拠や、長浜で秀吉に男子が

誕生したという記録は残っていないとのことです。

次は長浜八幡宮へ

人気ブログランキング参加中
 投票お願いします!
人気ブログランキング

FC2ブログランキング参加中
 投票お願いします!
FC2ブログランキング

|
|

« 近江路・歴女ブロガーの旅紀行(7)竹生島から義経隠れ岩へ | トップページ | 近江路・歴女ブロガーの旅紀行(9)大河ドラマ「江」の舞台・長浜散策 その弐 »

コメント

しずかさんは、ばっちり計画をたてて、長浜の街を歩いておられるのですね。
すごいわ~

ところで、秀勝の件
竹生島の宝物殿には「南殿」「石松丸」と書いた奉加張が展示されています。
この「石松丸」が秀勝の幼名で、「南殿」はその生母とされています。

この件については、私も大変興味を持っています。

投稿: merry | 2010年10月 8日 (金) 21時40分

merryさん、こんばんは!

長浜の街散策面白かったです。
早朝に少し案内していただいたおかげで
スムーズに回れました。

>竹生島の宝物殿には「南殿」「石松丸」と書いた奉加張が展示されています。

そうそう!merryさんにその話を伺って、私も興味を持ちました。
今回は竹生島で時間がなく、宝物館には寄れませんでしたが
いつかじっくりと宝物館も見学してみたいです。

投稿: しずか | 2010年10月 8日 (金) 22時20分

>竹生島の宝物殿には「南殿」「石松丸」と書いた奉加張が展示されています

merryさんが案内所でその件を確認し 宝物殿に寄って見た事を思い出しました。
私は付いてゆくだけでしたがmerryさんは事前に色々と調べているものだな・・・といつも感心していました。

ところでしずかさん 写真はもっと大きくUPできないのですか?
めがね架けててもよく分からないやっちゃんよりweep

投稿: やっちゃん | 2010年10月 9日 (土) 08時10分

やっちゃん、コメントありがとうございます!

写真はクリックすると拡大されると思いますが・・・
なりませんか?

merryさんは、筋金入りの歴女ですよ!
下調べばっちり!
史跡めぐりの達人です。

投稿: しずか | 2010年10月 9日 (土) 09時57分

しずかさん 失礼しました。
これなら充分です。!

投稿: やっちゃん | 2010年10月 9日 (土) 10時13分

やっちゃん、よかった~!試してくれてありがとう!

拡大されないと思っている人もいるかもね~

そのこと書いた方がよかったかな?

投稿: しずか | 2010年10月 9日 (土) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近江路・歴女ブロガーの旅紀行(7)竹生島から義経隠れ岩へ | トップページ | 近江路・歴女ブロガーの旅紀行(9)大河ドラマ「江」の舞台・長浜散策 その弐 »