« 近江路・歴女ブロガーの旅紀行(8)大河ドラマ「江」の舞台・長浜散策 その壱 | トップページ | 近江路・歴女ブロガーの旅紀行(10)大河ドラマ「江」の舞台・長浜散策 その参 »

2010年10月 9日 (土)

近江路・歴女ブロガーの旅紀行(9)大河ドラマ「江」の舞台・長浜散策 その弐

長浜八幡宮 

源義家が、京都の岩清水八満宮の御分霊を祀ったのが始まりと

されています。

戦国時代に荒廃していたのを、秀吉が手厚く保護しました。

4月に行われる長浜曳山祭りは、当八幡宮の祭礼です。

Img_1305_b Img_1315_b Img_1311_b Img_1312_b

長浜八幡宮に隣接した舎那院

空海の創建と伝わり、こちらも秀吉により、復興されました。

芙蓉の寺として知られています。ちょうどこの時期、境内に咲き誇る

芙蓉の花を目にすることができました。

Img_1349_b Img_1336_b Img_1339_b

ながはま御坊表参道を通って大通寺へ

大通寺

真宗大谷派(東本願寺)の別院で、一般に「長浜御坊」の名で親しまれ

東本願寺から伏見城の遺構を移して伽藍が整えられたとされています。

伏見桃山城の遺構と伝わる本堂や大広間、長浜城の追手門を移築した

脇門(薬医門)など、建造物の多くが、国あるいは市の重要文化財です。

広間や新御座の壁画・襖絵などの障壁は、狩野山楽・山雪、円山応挙

によるもので、その庭園は国の名勝に指定されています。

客殿である含山軒、蘭亭には、枯山水と池泉式の庭園があります。

Img_1353_b Img_1355_b Img_1356_b Img_1357_c Img_1358_b

ながはま御坊表参道を戻り、大手門アーケード

Img_1428_b Img_1429_b Img_1433_b

曳山博物館            海洋堂フィギュアミュージーアム黒壁   

Img_1303_b Img_1304_b Img_1434_b

長浜名物のっぺいうどん

Img_1435_b Img_1436_b Img_1301_b    

ウィンドーショッピングをしながら浜京極を北へ向かいます。

人気ブログランキング参加中
 投票お願いします!
人気ブログランキング

FC2ブログランキング参加中
 投票お願いします!
FC2ブログランキング

|
|

« 近江路・歴女ブロガーの旅紀行(8)大河ドラマ「江」の舞台・長浜散策 その壱 | トップページ | 近江路・歴女ブロガーの旅紀行(10)大河ドラマ「江」の舞台・長浜散策 その参 »

コメント

長浜八幡宮での子供歌舞伎はすごいですよ。
小学生くらいの子供達が、見事に歌舞伎を演じるのですよ。
しかも、綺麗な女の子だと思っていたら、実は男の子だと後で聞いて、驚いた事もあります。

また機会があれば、見て下さいね。

投稿: merry | 2010年10月 9日 (土) 16時57分

merryさん、こんばんは!

私は歌舞伎が好きなので、子供歌舞伎にも
興味があります。
写真を見ましたが、綺麗な男の子が演じて
いました。
ぜひ一度見てみたいです!

投稿: しずか | 2010年10月 9日 (土) 18時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近江路・歴女ブロガーの旅紀行(8)大河ドラマ「江」の舞台・長浜散策 その壱 | トップページ | 近江路・歴女ブロガーの旅紀行(10)大河ドラマ「江」の舞台・長浜散策 その参 »