« 今井兼平の墓 | トップページ | 三井寺 弁慶の引き摺り鐘 »

2010年10月30日 (土)

石山寺

京阪石山寺から瀬田川沿いを歩いて10分。石山寺の東大門に突き当たります。

東大門

仁王門、山門、総門とよばれる東大門は、1190年、頼朝が寄進したとされ、1600年に淀殿によって大修理が行われました。

Img_1021_b

石山寺は、西国三十三カ所観音霊場の第13番札所。奈良時代後期に、聖武天皇の命により、良弁僧正によって開かれました。古くは、朝廷、皇族、貴族の信仰が篤く、頼朝紫式部淀殿島崎藤村、松尾芭蕉ともゆかりのある寺です。

四季ごとに花が楽しめることから、「花の寺」ともよばれています。この季節は、萩が見ごろになっていました。

Img_1066_b

広大な境内には、寺名の由来となった天然記念物の硅灰石(けいかいせき)の奇岩、怪奇岩がそびえています。

Img_1042_b

本堂

正堂と礼堂が幅一間の相の間で繋がれていて、礼堂は急な斜面に造られているため、懸崖造になっています。懸崖造で有名なのは、京都の清水寺の本堂ですね。

Img_1046_b_2 Img_1047_b

正堂は、承暦2年(1078年)に半焼した後、永長元年(1096年)に再建され、礼堂は、慶長7年(1602年)淀殿の寄進によって建てられました。
本堂にある「源氏の間」は、紫式部が「源氏物語」の構想を練り、書き始めた場所と伝えられています。
          
Img_1048_b Img_1068_b

多宝塔

源平の乱にあたって頼朝の命を受けて戦った中原親能は、石山寺の毘沙門天に戦勝を祈願し、事の成就に感謝して勝南院を建立しました。
このとき頼朝は、乳母であり親能の妻でもあった亀谷禅尼の請によって、多宝塔(国宝)を寄進しました。日本最古の多宝塔で、一階が方形、二階が円形の建築様式です。
屋根は宝形造で、曲線美の優美さが特徴。内部の柱や天井の周りには仏像や草花などの絵が描かれています。日本三大多宝塔の一つ。
多宝塔後部にある月見亭からの瀬田川の眺めは、特に9月の中秋の名月の頃が一番とされ、近江八景のひとつとして知られています。

Img_1055_b

鐘楼

多宝塔の下にある鐘楼も頼朝の寄進とされています。
入母屋造の檜皮葺の屋根で、梵鐘は重要文化財に指定されています。

Img_1044_b

頼朝・亀谷禅尼の供養塔

Img_1060_b Img_1059_b

これから秋が深まると、境内の紅葉が真っ赤に染まるのでしょうね。
またそんな景色をゆっくり見に訪れたいです。

(滋賀県石山観光協会HP、「滋賀県の歴史散歩」参照)

石山寺 大津市石山寺1-1-1

人気ブログランキング参加中
 投票お願いします!
人気ブログランキング

FC2ブログランキング参加中
 投票お願いします!
FC2ブログランキング

大きな地図で見る

|
|

« 今井兼平の墓 | トップページ | 三井寺 弁慶の引き摺り鐘 »

コメント

石山寺では、紅葉のライトアップに合わせて「狂言」が開催されるそうです。

四季おりおりの花、四季おりおりの催し物で、観光客が多いようですね。

投稿: merry | 2010年11月 1日 (月) 15時42分

狂言ですか?

狂言は一度も見たことがありません。

紅葉も素晴らしいのでしょうね。

また一緒にゆっくりと訪問したいですね。

投稿: しずか | 2010年11月 1日 (月) 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今井兼平の墓 | トップページ | 三井寺 弁慶の引き摺り鐘 »