« 妓王寺 | トップページ | 妓王井川 »

2010年10月13日 (水)

妓王屋敷跡

妓王寺から数分のところに、妓王屋敷跡があります。

屋敷跡に曲がる道には↓の看板があります。

Img_0913_c Img_0914_c Img_0915_c

この看板を過ぎるとすぐに屋敷跡の碑が見えてきます。

予想していたよりも敷地が広い。

Img_0917_c Img_0916_c

ここに、祇王祇女の母・刀自が住んでいたことから、

この地は祇王の故郷とされています。

以前は、祇王村(義王村)もあったそうです。

この一帯には、祇王の名のつく学校や地名が残っていて、

野洲小学校の柵には、清盛と妓王のレリーフがありました。

Img_0891_c

町のあちこちに祇王の名を見るたび、祇王が今でもこの地に生きている

感じがしました。

人気ブログランキング参加中
 投票お願いします!
人気ブログランキング

FC2ブログランキング参加中
 投票お願いします!
FC2ブログランキング

« 妓王寺 | トップページ | 妓王井川 »

祇王・祇女・仏御前」カテゴリの記事

近江路・歴女ブロガーの旅紀行」カテゴリの記事

コメント

京都の「祇王寺」に行かれる人は多いけど、それに比べてこちらは寂しいですね。
再来年の大河ドラマ「清盛」の年には、大勢の観光客で賑わって欲しいですね。

merryさん、おはようございます。

京都の祇王寺は嵯峨野にありますからね。
嵐山の観光ついでに足を延ばすことが
できますし。
こちらは交通の便が問題ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 妓王寺 | トップページ | 妓王井川 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ