« 神戸の源平史跡を訪ねて(23)氷室神社 | トップページ | 神戸の源平史跡を訪ねて(25)明泉寺 平知章の墓 »

2010年11月16日 (火)

神戸の源平史跡を訪ねて(24)平盛俊塚

平盛俊は、平家方の武将で、父の盛国と共に清盛の側近を務めました。妻は厳島内侍。

一ノ谷の合戦で明泉寺に陣を敷き、源義経の鵯越の急襲により敗走中、源氏方の猪股小平六と組み、討死。

西門の敗戦を受けた北門の大将越中前司「平 盛俊」は、明泉寺から南へ逃げ延びる途中で、源氏の猪俣小平六則綱と一騎打ちとなりました。双方むんずと組んで戦い、盛俊が優勢となり則綱が降参したためあぜ道で二人が休んでいるところへ、源氏の人見四郎が近づいてきました。近づく敵に気を奪われているうちに、盛俊は、則綱に襲われ首を討たれてしまいました。

Img_5400_b Img_5402_b

長田区名倉町に盛俊塚が、庄山町には盛俊の碑と墓が祀られています。

人気ブログランキング参加中
 投票お願いします!
人気ブログランキング

FC2ブログランキング参加中
 投票お願いします!
FC2ブログランキング

« 神戸の源平史跡を訪ねて(23)氷室神社 | トップページ | 神戸の源平史跡を訪ねて(25)明泉寺 平知章の墓 »

平盛俊」カテゴリの記事

コメント

>盛俊が優勢となり則綱が降参した.・・・近づく敵に気を奪われているうちに、盛俊は、則綱に襲われ首を討たれてしまいました

これって、反則ですよね。

盛俊さん、お気の毒・・・

merryさん、こんばんは!

この負け方は・・・ちょっとまぬけというか(笑)

平家方には、どうもお人好しが多いようですね。

 しずかさん  こんばんは。

 平盛俊って あまり知りませんでしたf^_^;
厳島内侍の方が詳しいかも(・・。)ゞ テヘ
 猪俣小平六則綱 卑怯なり(゙ `-´)/

 ではまた☆

コウさん、こんばんは!

平家は「盛」の付く名前が多くて

ややこしいですね(笑)

やはりこの戦い方は、武士として卑怯ですよね~

なかなか幅広い行動ですね。
長浜があれば、神戸があり、間に兵庫の小野市も
紹介していかれたらどうですか。

私は、風邪が治ってきたのでそろそろ、
ブログアップしようかと思っています。

もうすぐ龍馬伝も終わりですね。

ラメールさん、こんばんは!

一昨年の神戸の史跡案内がまだ
終わりません。
このシリーズが終了したら、小野と三木の史跡に
入ろうと思っています。
ラメールさんは、先に進めていてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神戸の源平史跡を訪ねて(23)氷室神社 | トップページ | 神戸の源平史跡を訪ねて(25)明泉寺 平知章の墓 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ