« 神戸の源平史跡を訪ねて(28)三宮神社 | トップページ | ラジオ番組収録に! »

2010年12月17日 (金)

神戸の源平史跡を訪ねて(29)小野八幡神社

小野八幡神社は、仁和3年(887年)の創建の神社です。
一ノ谷合戦の東城戸の戦いで、討ち死にした源氏の河原太郎高直と次郎盛直兄弟の功を賞して、報恩寺を建てた頼朝がこの社を鎮守したといわれています。

Img_5112_b Img_5113_b Img_5114_b Img_5115_b

武蔵国の住人、河原太郎高直次郎盛直兄弟は、生田の森の合戦で、真っ先に平家軍に突入しましたが、二人とも平家の強弓・真名部五郎に討ち取られてしまいました。しかし、これを機に、梶原父子をはじめとする源氏勢が奮起したといわれています。

現在地に移ったのは戦後のことで、もとは大丸百貨店の北側にありました。
この他、河原兄弟の史跡は、前述の三宮神社の「河原霊社」と、追谷墓園内の「河原兄弟の墓」があります。

人気ブログランキング参加中
 投票お願いします!
人気ブログランキング

FC2ブログランキング参加中
 投票お願いします!
FC2ブログランキング

« 神戸の源平史跡を訪ねて(28)三宮神社 | トップページ | ラジオ番組収録に! »

コメント

戦いでは、「真っ先に」とか「先陣」などは誉れ高いようです。
本人達は死んでも、それで味方が奮闘すれば、大きな戦功となるのですね。
現代人には理解できないけれど、そんな時代なのですね。

merryさん、コメントありがとうございます。

先陣というと真っ先に浮かぶのが
佐々木高綱と梶原景季の「宇治川の先陣争い」です。

何事も先陣を切るのは、勇気の要ることですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神戸の源平史跡を訪ねて(28)三宮神社 | トップページ | ラジオ番組収録に! »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ