« 東京の源平史跡(11)牛島神社 | トップページ | 祇園祭(2)橋弁慶山の懸装品 »

2011年7月23日 (土)

祇園祭(1)橋弁慶山の山建て

先週、初の祇園祭に出かけて来ました。

10~13日は、各町で山鉾建てがスタート。

釘は1本も使わず、縄だけで結い合わせる「縄がらみ」という伝統手法で組立てられます。

Img_2185_b Img_2187_b Img_2196_b

私が組立てをじっと見守ったのが、この橋弁慶山です。

何といっても、牛若と弁慶がご神体人形ですからねheart02

Img_2203_b Img_2208_b Img_2209_b Img_2210_b

ぜひそのお姿を見なければ!と組立開始の朝8時半に間に合うように行きました。

牛若の人形は、約120cm。頭と両手はヒノキ材。眉は、八文字眉。

右手に太刀を持ち、左足は、後ろに跳ね上げ、左足は、橋の擬宝珠の尖端に

足駄の前歯だけで立っています。

一方、弁慶は、頭がヒノキ材(なぜか色黒ww)、白の鉢巻を締め、

手首と足首に太い縄を巻きつけています。

手には長刀を持ち、五条の橋の上で、牛若と向かい合う体勢をとっています。

暑い中での作業にもかかわらず、人形の衣装を着せる方達と、山を組み立てる

人達との分業で、約2時間で完成shine

その後、11時から試行運転を兼ねた舁初めが行われました。

これが動き出すと結構速いのですよ。

ビデオで追うのが大変でしたcoldsweats02

次回は、懸装品の紹介です。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

|
|

« 東京の源平史跡(11)牛島神社 | トップページ | 祇園祭(2)橋弁慶山の懸装品 »

コメント

うわ~
こんな組み立ての時間からずっと写真を撮り続けたのですか。
恐れ入りました。
そうでなくても暑い京都の夏なのに、さらに熱が入ってヒートアップしていますね。

投稿: merry | 2011年7月25日 (月) 15時58分

merryさん、こんばんは!

朝からずっと観察させていただきました。
暑い中の撮影で、だいぶ痩せましたよ(笑)
京都の暑さを体験すると、こっちはかなり涼しく感じます。

投稿: しずか | 2011年7月25日 (月) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京の源平史跡(11)牛島神社 | トップページ | 祇園祭(2)橋弁慶山の懸装品 »