« 河内源氏の里を訪ねて(4)源義家の墓 | トップページ | 法楽寺 »

2012年3月16日 (金)

河内源氏の里を訪ねて(5)源頼信の墓

源頼信の墓は義家の墓からさらに数10m登ったところにあります。

Img_3969_b Img_3967_b_2 Img_3968_c_2 Img_3970_b

国指定史跡「源頼信の墓」(0968~1048)

源頼信は、清和源氏の家系である満仲の三男として生まれた。
20歳の時中央官界に身を置き、藤原通兼や道長に仕えた。
特に長元元年(1028)に勃発した平忠常の乱の際には、追討使平直方にかわり反乱を鎮圧した。この乱を鎮圧したことによって、頼信は武家の棟梁としての確固たる地位を築いた。
また上野・常陸・石見伊勢・美濃などの国司を歴任しており最期に河内国司となる。その時、河内国古市郡壺井里(現壺井・通法寺)に本拠地を構え河内源氏をひらくもとになった。
永承3年(1048)81歳の時、この地で死去し遺言により通法寺の巽(東南)の丘陵に葬られた。
(案内板より)

これで羽曳野の源氏三代の墓の記事は終了です。

次は大阪の平家ゆかりの寺院の記事ですwink


heart02
FC2ブログランキング&人気ブログランキングに参加していますheart02

応援のポチッのご協力お願いします。wink

人気ブログランキングへ

|
|

« 河内源氏の里を訪ねて(4)源義家の墓 | トップページ | 法楽寺 »

コメント

源頼信って、あまり知名度が高くないので知らなかったのですが、藤原道長の時代の人物なのですね。
今の大河ドラマの、少し前の時代ですね。

それにしてもこのお墓は、地元の人に聞かなければ分からない場所でしたね。

投稿: merry | 2012年3月26日 (月) 13時27分

merryさん、コメントありがとうございます。

義経や頼朝以前の源氏にはあまり
スポットが当たりませんから、頼信の
知名度は低いですね。

源氏三代の墓となっているわりには
わかりにくいところですね。

投稿: しずか | 2012年3月26日 (月) 15時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 河内源氏の里を訪ねて(4)源義家の墓 | トップページ | 法楽寺 »