« 探訪【近江水の宝】比叡山延暦寺を歩く | トップページ | 鵺塚 »

2012年5月11日 (金)

渡辺綱 駒つなぎの楠

ここは旧善源寺村の産土神社が鎮座したところで、1909年(明治42年)に櫻宮に合祀され、現在は櫻宮のお旅所となっています。
 

このあたりは、かつて善源寺荘と呼ばれ、大江山の鬼退治で有名な源頼光が支配する荘園でした。
長徳年間(995~998)頼光は源氏の八幡大神を祀り、この地に産土神社を創建しましたが、そのとき頼光自らが、この樟を植えたといわれています。

Img_5909_b Img_5910_b Img_5911_b Img_5912_b

駒つなぎの呼び名は、頼光の四天王の1人で、この荘園の管理をまかされていた渡辺綱が、この神社に詣でるとき、いつも馬をこの樟につないだためであると伝えられています。
樹齢900年と推定される樟は、昭和のはじめに大阪府の天然記念物第1号に指定されましたが、残念なことに戦災にあい現在は枯死状態になっています。

Img_5916_b Img_5917_b


heart02
FC2ブログランキング&人気ブログランキングに参加していますheart02

応援のポチッのご協力お願いします。wink

人気ブログランキングへ

|
|

« 探訪【近江水の宝】比叡山延暦寺を歩く | トップページ | 鵺塚 »

コメント

戦災で樟がダメージを受けたのですか。

900年という長い歴史の間には、いろんな事があるのですね。

投稿: merry | 2012年5月12日 (土) 12時58分

merryさん、コメントありがとうございます。

歴史の舞台には大木があることが多いですね。
それから何百年の間にはいろいろなことがあったでしょう。
何代目の松というのもよくありますね。

投稿: しずか | 2012年5月13日 (日) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 探訪【近江水の宝】比叡山延暦寺を歩く | トップページ | 鵺塚 »