« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月25日 (日)

扇の芝と源頼政の墓

治承4年(1180年)5月26日、源頼政は以仁王を奉じて平家打倒に立ち上がり、平知盛・重衡軍を宇治川で迎え撃ちます。

20061212_265660

宇治川を挟んでのこの戦は、「橋合戦」と呼ばれ、以仁王軍は、橋の底板を外して敵の侵
入を防ぎ、矢で応戦していました。
橋の上でも激戦が繰り広げられましたが、17歳の足利忠綱が宇治川の急流の宇治川に馬を乗り入れると、平家軍が一気に平等院へ押し寄せました。
渡河を許したため、頼政は宇治橋を捨てて平等院まで退きます。

20061209_264677

20061209_264679

20061209_264680_2

頼政は流れ矢に当たってしまい、もはやこれまでと家来の渡辺長七に首を討てと命じますが、長七は「生きている主人の首は討てません。せめて自害してからにしてください。」と頼みました。

頼政は

「埋もれ木の花咲くこともなかりしに
身のなる果てで悲しかりける」

と辞世の句を残し、扇を広げてその上に座り、念仏を唱えて源頼政は自刃しました。

(「義経と平家の京都」参照)

宇治の平等院の観音堂の前に、芝が扇形になっている頼政終焉の地・扇の芝があります。

1c

頼政の介錯をした長七は、敵に奪われないように頼政の首級におもりをつけて宇治川に沈めたといいます。

一方、奈良へ逃げた以仁王は、矢に当たって亡くなりました。

平等院の不動堂の手前に頼政の墓があります。

C

C_2

1c_2

現在は、紫式部の像越しに宇治橋が見えます。

20061212_265662_5


応援のポチッのご協力お願いします。wink

人気ブログランキングへ

| | コメント (6)
|

2012年11月23日 (金)

修善寺の旅(4)指月殿~頼家の墓~十三士の墓

鎌倉幕府の二代将軍・源頼家は、修禅寺に幽閉され、北条時政の手により、当時、修禅寺門前の虎溪橋際にあった筥湯で、入浴中に23歳の若さで暗殺されました。
指月殿は、母・北条政子が頼家の冥福を祈って、建てた御堂です。




指月殿境内には頼家の墓があります。



十三士の墓は、頼家の墓近くにあります。
頼家の家臣十三人が、頼家が殺された6日後に謀叛を企てたものの、挙兵前に発見され、全員殺されたと伝えられています。



そして、指月殿の裏手の山を登っていくと、義経像があります。



でも、この像は、私が描いている義経さまのイメージとは程遠いな~(^_^;)



源範頼の墓

頼朝の弟で、義経の兄である蒲冠者と呼ばれた源範頼は、謀反を企てたと頼朝の誤解を招き、この地に幽閉され、悲しい最期を遂げました。



応援のポチッのご協力お願いします。wink

人気ブログランキングへ

| | コメント (4)
|

2012年11月17日 (土)

修善寺の旅(3)修禅寺 

旅のメインである修善寺に到着



鎌倉第二代将軍・源頼家が幽閉された場所で、岡本綺堂の戯曲「修善寺物語」の舞台になりました。



秋は、紅葉の名所としても有名なお寺です。



山門を入ってすぐ左手にある鐘楼の周りの紅葉が見頃になっていました。









百度石



人面石?(笑)



本堂







宝物館では、平安時代の密教道具、頼家の仮面などが展示されていました。

応援のポチッのご協力お願いします。wink

人気ブログランキングへ

| | コメント (6)
|

2012年11月14日 (水)

修善寺の旅(2)独鈷の湯

修善寺温泉のシンボルになっている独鈷の湯は、修善寺

の前にあります。






この虎渓橋から独鈷の湯が見えます。



弘法大師が大同2年に修善寺を訪れたとき、そこに病に疲れた父親の体を河で洗う少年を見つけた。少年の親孝行に感心した大師は手に持った独鈷杵で、河中の岩を打ち砕き、霊験あらたかなる温泉を噴出させた。大師が温泉が疾病の治療に有効であることを説き、これにより父子は十数年来の固疾を時をおかずして完治させることができたと言う。これより修善寺に湯治療養が広まったと伝えられ、これが修善寺温泉発祥の温泉と言われる。伊豆最古の温泉と言われる。(Wikipediaより)



見学はできますが、入浴は不可。

足湯としては利用できるそうです。

応援のポチッのご協力お願いします。wink

人気ブログランキングへ

| | コメント (4)
|

2012年11月12日 (月)

修善寺の旅(1)源範頼ゆかりの日枝神社

2010年の秋に旅した修善寺編をスタートします。

すでにアップしたつもりでいたのですが、まだでした~(^_^;)


まず最初に訪れたのが、源範頼ゆかりの日枝神社です。



ここは、兄・頼朝に、謀反の疑いをかけられ、修善寺に幽閉された範頼が自害した場所です。















源 範頼(みなもと の のりより)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。河内源氏の流れを汲む源義朝の六男。源頼朝の異母弟で、源義経の異母兄。遠江国蒲御厨(浜松市)で生まれ育ったため蒲冠者(かばのかんじゃ)、蒲殿(かばどの)とも呼ばれる。その後、藤原範季に養育され、その一字を取り「範頼」と名乗る。治承・寿永の乱において、頼朝の代官として大軍を率いて源義仲・平氏追討に赴き、義経と共にこれらを討ち滅ぼす大任を果たした。その後も源氏一門として、鎌倉幕府において重きをなすが、のちに頼朝に謀反の疑いをかけられ誅殺された。(Wipediaより)

修善寺とは違って、訪れる人がなく、ひっそりとしていました。

応援のポチッのご協力お願いします。wink

人気ブログランキングへ

| | コメント (4)
|

2012年11月 9日 (金)

神戸の源平史跡を訪ねて(33)柳原天神社

神戸市兵庫区の柳原天神社

Img_5730_b

菅原道真が大宰府へ左遷される途次、大和田泊に上陸し、咲き誇る真野ケ原一帯の梅花を賞で、「風さむみ雪にまかへて吠く花の柚にそうつれ匂ふ梅が香」と詠みました。

Img_5731_b

道真の死後、太宰府にある安楽寺の廟所から道真の分霊をうけて祀ったのがこの神社の起源です。

道真といえば牛ですね!

Img_5732_b

当社は、古来、平家一門、また時宗の門徒の信仰篤く、平忠度は「天神画像」の大軸を奉納したと伝えられています。

応援のポチッのご協力お願いします。wink

人気ブログランキングへ

| | コメント (2)
|

滋賀情報!

◆ヒマワリ1万5000本 夏の主役秋も魅了、東近江
http://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20121109000057

◆国宝「縄文のビーナス」に会える!
=関西最大規模の特別展「土偶・コスモス」=
http://www.shigahochi.co.jp/info.php?type=article&id=A0011572

◆新名神高速道路土山サービスエリア地産地消「黒影米ざるうどん好評発売中!!
http://www.ohmitetudo.co.jp/sa/tsuchiyama/

◆北陸自動車道賤ケ岳サービスエリア(下り線)近江の恵みキャンペーン開催!!
http://www.ohmitetudo.co.jp/sa/shizugatake/

◆電車内が遊園車両にリニューアル!駅前保育園ほほえみ園にほほえみパーク誕生!
http://www.ohmitetudo.co.jp/hohoemien/index.php/smilepark.html

◆八幡山BIWAKOビエンナーレ作品「展望館」「村雲瑞龍寺」公開中!!

◆賤ケ岳リフト 賤ケ岳合戦ウォーク10月13日開催!!
http://www.ohmitetudo.co.jp/shizugatake/event/2012/walk/

◆近江鉄道×映画「のぼうの城」 ラッピング電車、三成レシピ募集、記念乗車券発売!!
http://www.ohmitetudo.co.jp/railway/event/2012/nobou-wrapping/
○「映画「のぼうの城」公開記念「三成レシピ」(塩麹)募集について
http://www.ohmitetudo.co.jp/sa/shizugatake/event/2012/nobou-recipe/
○賤ケ岳リフト 映画「のぼうの城」公開記念乗車券発売!!
http://www.ohmitetudo.co.jp/shizugatake/event/2012/nobou/

応援のポチッのご協力お願いします。wink

人気ブログランキングへ

| | コメント (2)
|

2012年11月 8日 (木)

建礼門院が剃髪した長楽寺

壇ノ浦での合戦では、安徳天皇を抱いた二位の尼(平時子)をはじめ、平家の女官達が次々と海に飛び込む中、着物の袂に硯などのおもりを入れて飛び込んだ建礼門院徳子は、源氏方によって熊手で長い髪の毛を引き寄せられ、死ぬことも許されませんでした。

平家滅亡後、京に戻った建礼門院は、1185年5月1日、東山の長楽寺で、髪をおろしました。その際、3月に壇ノ浦で入水された安徳天皇が間際まで召されていたという形見の直衣を御布施として自ら幡を縫われ、御菩提を弔われました。

1b_35

2_b_8

その実物が京都の東山にある長楽寺に保管されています。
近年の調査の結果、800年前の平絹の繊維に間違えないことがわかったそうです。

長楽寺の境内には、建礼門院御塔があります。(御髪塔とも)

5_b_8

説明板によると、

「この塔は以前は長楽寺山山腹八丁台の景勝地にあったが、明治初年にこの地に移された。平家物語には、鷲尾にて69歳で亡くなった、遺骨を鷲尾に納めたともあり、鷲尾山長楽寺のことを指しているとすれば、この御塔は女院の御舎利塔とも拝される。」

鷲尾という地名は、東山区鷲尾町という町の名前に見られます。

また当寺には建礼門院の御影が保存されています。

Kenreimonin

壇ノ浦の合戦後、京に戻った建礼門院に対しての、源氏方の監視が厳しく、この御影も源氏方の目を逃れる為、当時は表面を墨で覆い隠し祭られていたと伝えられています。

その他の貴重な資料として、わずか8歳で入水された安徳天皇の「安徳天皇御影」があります。

Antokutei

前住職の時代に渡辺拍舟画伯によって模写されたもので、その原画は泉湧寺に納められていますが、軸の裏書に、「長楽寺什物」と記されていることから、かつては長楽寺に祭られていたものらしいとうことです。

応援のポチッのご協力お願いします。wink

人気ブログランキングへ

| | コメント (2)
|

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »