« 建部大社 | トップページ | 滋賀情報1/29 »

2013年1月26日 (土)

鞭崎神社

滋賀県草津市の鞭崎神社の創建は白鳳4年(676)、大中臣清麿が天武天皇の勅命により勧請したのが始まりと伝えられています。

Img_8669_b

当初は矢橋八幡宮と称していましたが建久元年(1190)、源頼朝が上洛の際、矢橋の浦から鞭にて神社の森を指し、村人に当社の事を尋ねた故事から鞭崎八幡宮と称するようになりました。

Img_8670_b

Img_8671_b_2

Img_8673_b

以来、頼朝は当社を深く崇敬し建久3年(1192)には社領を寄進し社殿を造営していました。

Img_8674_b

現在の表門は、元々、膳所城の南大手門として建てられたもので、明治4年(1871)に膳所城が廃城になった際、当社に移されました。

Img_8675_b

Img_8676_b

この表門は、高麗門、切妻、本瓦葺、江戸時代初期の城門建築の遺構として大変貴重な存在で、国指定重要文化財に指定されています。

応援のポチッのご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

« 建部大社 | トップページ | 滋賀情報1/29 »

源頼朝」カテゴリの記事

コメント

あれ?コメントを書いたと思ってましたが、まだでした

膳所城から移築されたこの門は、400年ぐらい昔のものなのですね。

木でがっしりと作られているから頑丈なのですね。

昔の技術の高さを思い知らされます。

merryさん、コメントありがとうございます。

膳所城の遺構はいろんなところに活かされているようですね。
この門を見逃さなくて良かったです(*^_^*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 建部大社 | トップページ | 滋賀情報1/29 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ