« 藤原師長ゆかりの史跡(2)藤原師長謫居趾 | トップページ | 藤原師長の史跡(4)津賀田神社 »

2013年10月13日 (日)

藤原師長ゆかりの史跡(3)姫宮神社

藤原師長が井戸田に配流され、村の長・横江深光氏の娘・槐女(かいじょ)が大臣の身の回りをお世話しました。
横江氏の子孫が娘の霊を慰めるよう祠(姫塚)を建て、個人宅内裏山に残っていましたが、現在は姫宮町集会所の姫宮神社として祀られています。

201210101522111c5

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

|
|

« 藤原師長ゆかりの史跡(2)藤原師長謫居趾 | トップページ | 藤原師長の史跡(4)津賀田神社 »

コメント

まだまだ若いのに、自ら命を散らすことはないと思うのですが・・
お気の毒な話です。

それゆえ、後々まで語り伝えられるのですね。


死んで名を残す・・

死んで花実がなるものか・・


私は後者を選び、しぶとく生きます(笑)

投稿: merry | 2013年10月13日 (日) 22時03分

merryさん、私も後者かな~(^_^;)

ここは見つけるのに、ずいぶん彷徨いました~(汗)

投稿: しずか | 2013年10月13日 (日) 22時49分

merryさんもしずかさんも凄い執念持っていますね!
女性の方が長生きするのが妻を見ていても理解できます!

投稿: willy_tsugu_shikata | 2013年10月14日 (月) 08時08分

四方さん、女性はみな強いですよ~

歴女をやるようになってから、体力もついたような気がします(#^.^#)

投稿: しずか | 2013年10月14日 (月) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤原師長ゆかりの史跡(2)藤原師長謫居趾 | トップページ | 藤原師長の史跡(4)津賀田神社 »