« 浄瑠璃姫伝説を追って(2)麝香塚(じゃこうづか)石 | トップページ | 浄瑠璃姫伝説を追って(4)安心院 »

浄瑠璃姫伝説を追って(3)浄瑠璃ヶ淵跡

浄瑠璃姫が身を投げたという菅生川沿いの浄瑠璃広場には、浄瑠璃ヶ淵跡の句碑が建っています。

Img_7995_okazaki Img_7992_okazaki

Img_7993_okazaki Img_7994_okazaki

Img_7991_okazaki 4b

浄瑠璃ヶ淵跡

今からおよそ800年程前、鎌倉街道矢作の宿に「浄瑠璃姫」というそれは美しい姫がいました。姫の出生については諸説がありますが、何れにしてもこの辺りの支配的立場にあった者の家に生まれたようです。
 承安四年(1174)、浄瑠璃姫十六歳の春のこと、とき、源氏再興の大望を抱き、金売り吉次を伴い東北地方きっての豪族藤原秀衡のもとへ向かう牛若丸こと「源義経」が旅の途中でこの矢作の宿に立ち寄り、折しも浄瑠璃姫の奏でる「想夫恋(そうふれん)」の琴の調べに、名笛「薄墨(うすずみ)」を合わせ吹いたのが縁となり、二人は別れを惜しむ中となりました。
 しかし、奥州へ下る身の義経は、再開の証にと母の常磐御膳(ときわごぜん)より送られた父の愛管「薄墨」を姫に預け、そのもとを去って行ったのです。僅か十数日のはかない夢の日々でした。唯々、義経との再会だけを心の支えに待ち続けた姫の想いは、月日を重ねるほどにますます深まり、ついに心乱れて寿永二年(1183)三月十二日、この付近の岩場から乙川の流れに身を投じたのです。その死を痛く悲しんだ両親は、その近くの洞に観音像を祭り「穴観音」としてその霊を弔いました。
 翌年の秋、木曽義仲を討つ旅の途中で姫の悲報を聞いた義経は、その霊を弔うために「瑠璃山明大寺」を建立し厚く供養したと言われています。しかし、この寺も今は無く、姫が入水した「足跡岩」も、「穴観音」も昭和五十六年(1984)の堤防大改修で無くなりました。今となっては、明大寺の町名にこそ往事が偲ばれます。
 なおこの句碑は、昭和三十九年十二月に当時の愛知教育大学教授酒井栄吾先生により、建てられたもので、義経の去った奥州に向けて据えられています。
 句は、同学長内藤卯三郎先生の詠まれたものです。
     

            散る花に
       流れもよどむ
         姫ヶ淵
           笈斗山人(おいとさんじん)
 

平成2年3月           岡崎市役所開発部公園緑地課

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

« 浄瑠璃姫伝説を追って(2)麝香塚(じゃこうづか)石 | トップページ | 浄瑠璃姫伝説を追って(4)安心院 »

浄瑠璃姫」カテゴリの記事

コメント

> 句は、同学長内藤卯三郎先生の詠まれたものです。「 散る花に 流れもよどむ 姫ヶ淵」 笈斗山人(おいとさんじん)
 素晴らしい詩ですね!

>義経との再会だけを心の支えに待ち続けた姫の想い

これって、誰かさんの思いと似てませんか?

女心はいつもかわりませんかね…なんてね。

四方さん、めりいさん、YUMIさん、コメントありがとうございます。

以前ここに来たのは、史跡巡りのウォーキングに参加した時だったのですが、違う道を通ったため、この石碑と駒札は撮影してありませんでした。今回自転車で回って見つけました。

姫の想いは、私の想いでもありますよ~(#^.^#)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 浄瑠璃姫伝説を追って(2)麝香塚(じゃこうづか)石 | トップページ | 浄瑠璃姫伝説を追って(4)安心院 »