« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月26日 (日)

浄瑠璃姫伝説を追って(8)誓願寺

兼高長者は、身を投げた浄瑠璃姫誓願寺に葬り、十王堂を建てました。

                    本堂

1c C

  十王堂

1c_2 C_2


そして、義経と浄瑠璃姫の木像を作り、義経が姫に贈った薄墨の笛、姫の鏡とともに堂内に安置したといいます。

2005年に浄瑠璃姫と義経のウォーキングに参加した時に、その寺宝を見せていただきました。

   義経と浄瑠璃姫         義経と浄瑠璃姫の木像

C_3 C_4 

義経の薄墨の笛

1c_4

浄瑠璃姫の墓

1c_3

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

| | コメント (4)

2014年10月15日 (水)

浄瑠璃姫伝説を追って(7)光明院浄瑠璃寺

浄瑠璃姫が、平家の目を逃れ、隠れ住んだところに建つ寺院で、通称・浄瑠璃寺と呼ばれます。

Img_8106 Img_8100


元は岡崎曲輪(くるわ)付近にあったといいます。

浄瑠璃姫の父・兼高長者が瑠璃光山安西寺を開いたのが始まりで、後に光明院浄瑠璃寺に改称したとされました。

義経と浄瑠璃姫の画像と、浄瑠璃姫の守本尊である尊薬師如来が安置されています。

Img_8101 Img_8102 

Img_8103

2005年に来た時には、義経と浄瑠璃姫の幟が立っていたのですが・・・

3_2005

今では、岡崎観光協会のおすすめコースからも、「浄瑠璃姫伝説」は外されててしまったようです。

どうしてでしょうね?

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

 

 

| | コメント (6)

2014年10月 9日 (木)

浄瑠璃姫伝説を追って(6)岡崎公園の浄瑠璃姫の墓

国道一号線沿いの岡崎公園大手門に入る手前の左側にも「浄瑠璃姫の墓」が残っています。

Img_8068 Img_8071

なぜここにも?

Img_8069 Img_8070

岡崎城天守閣の北に、浄瑠璃姫が幽閉されたとというところがあるそうなのです。

そこが現在どこに当たるのかわかりませでしたが。

また、浄瑠璃姫の墓の前には、三河国額田郡生まれの歌舞伎役者「初代市川団蔵の碑」があります。

Img_8072

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

| | コメント (4)

2014年10月 3日 (金)

浄瑠璃姫伝説を追って(5)成就院の浄瑠璃姫の墓

浄瑠璃姫の菩提を弔うために、侍女の十五夜は、冷泉という尼になり、浄瑠璃姫が身を投げた淵の川岸に庵室を結び、冷泉寺としました。

Img_7996

後にこの地に竜沢永源が、浄瑠璃姫の供養のため、創立したのが成就院とされています。

Img_7999


境内の墓地には浄瑠璃姫の墓、 侍女・冷泉の墓、穴観音、足跡岩があります。

Img_8000 Img_8001 Img_8002 Img_8003

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ



| | コメント (2)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »