« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

頼朝を祀る聖福寺

聖福寺は、建久6年(1195年)源頼朝を開基とし、栄西が南宋より帰国後に、宋の人が建立した博多の百堂の跡に創建しました。
室町時代末期に兵火を受け、永禄11年(1568年)耳峰が再興。
天正15年(1587年)には領主小早川隆景が寺領300石を寄進、仏殿、総門などの諸堂宇を修営。文禄4年(1595年)に豊臣秀吉より200石、慶長5年(1600年)に黒田長政より200石など、寺領の寄進が伝えられています。聖福寺は初め建仁寺派に属していましたが、黒田長政の命により妙心寺派に転派しています。
昭和44年(1969)に境内一帯が国の史跡に指定されています。
(Wikipedia、聖福寺HPより)

勅使門
Img_8152

切妻造本瓦葺。

菊のご紋
があしらわれています。

総門
Img_8140

名島城にあったものを移築したと言い伝えられています。

四脚門、切妻造本瓦葺

山門
Img_8142 Img_8145

元久元年(1204年)後鳥羽天皇により贈られた「扶桑最初禅窟(ふそうさいしょぜんくつ)」の額があります。

Img_8143 Img_8139

仏殿
Img_8146 Img_8147

こちらには、頼朝の位牌が祀られているそうです。

Img_8138 Img_8141

皆様、今年も訪問&コメントありがとうございましたm(__)m

来年もどうぞよろしくお願いしますheart02

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

| | コメント (4)
|

浄瑠璃姫の伝説を追って(12)浄瑠璃姫の墓と吹き上げの六本松

蒲原の新栄六本松公園の北側に、浄瑠璃姫の墓浄瑠璃姫の碑吹き上げの六本松があります。

Img_8945 Img_8940Img_8939_2  Img_8943

Img_8942

浄瑠璃姫は、義経を追ってここまで来ましたが、力尽きてここ吹き上げの浜で亡くなったといいます。
里人は浄瑠璃姫を哀れんで丁重に葬り、塚の上に目印として松を6本植えたと伝えられています。

Img_8944 Img_8937

Img_8938


浄瑠璃姫の碑・吹き上げの六本松

浄瑠璃姫に関する伝説はいくつかあり、そのひとつがここ蒲原町に残っています。
浄瑠璃姫の碑には、恋い慕う義経を追ってきた三河国矢作の浄瑠璃姫が、吹き上げの浜で疲れ果てて亡くなったと記されいます。
天正時代の頃(1580年)に小野於通(おのおつう)という女性によりまとめ上げられた「浄瑠璃十二段草子」という本には、里人によって吹き上げ浜に追われた瀕死の義経が、浄瑠璃姫の涙の雫により甦ったという筋書きになっています。
それに節をつけて語ったものが人気を呼び、「浄瑠璃」という江戸時代の代表的な芸能に発展していきました。
 吹き上げの六本松 吹き上げの六本松は、浄瑠璃姫を葬った里人が姫を哀れんで植えたとも、塚の上に目印として植えられたとも言われています。やがて、大きな木に成長すると東海道を渡る旅人の目印となったと「東海道名所図解」に示されています。
永禄12年(1559年)12月、蒲原城が武田軍により落城した時、この六本松の辺りに本陣を置いて勝ち鬨を挙げたことが「甲陽軍艦」に記されています。 静岡市

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

| | コメント (4)
|

浄瑠璃姫の伝説を追って(11)源義経硯水跡

蒲原の駿河モータースの横に義経硯水跡があります。

ここは蒲原木之内家菩提所で、1167年(仁安2年)に作られ、蒲原一族初代・清實以後と浄瑠璃姫等の五輪の墓が建てられました。

Img_8929_yoshitsune Img_8930_yoshitsune

1174年(承安4年)源義経が東に下る時にこの菩提所の涌き水を使って浄瑠璃姫に手紙を書いたといわれています。
手紙を読んだ浄瑠璃姫は、義経を追いかけて来たのですが、病で倒れこの地で亡くなりました。

Img_8931_yoshitsune Img_8932_yoshitsune2

1817年(文化14年)には地蔵尊が建てられ、「いぼ神様」として尊ばれ、義経硯水の水をイボにつけると、イボが落ちるという霊験を願って参拝者が絶えなかったのですが、旅人に持ち去られ、36代勝則によって再建されました。

1933年(昭和8年)国道工事のため、墓地は北に移り、面積は縮小し、現在の形となりました。
残念ながら涌き水は涸れてしまいました。

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

| | コメント (5)
|

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »