« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

八重姫が千鶴御前を祀った最誓寺

音無神社の隣りにある最誓寺は、八重姫が千鶴御前を祀ったとされ、八重姫が奉安したとされる地蔵菩薩が、本尊阿弥陀如来と共に寺宝として祀られています。

Img_8889 Img_8877 Img_8878 Img_8879

境内には明治初期廃寺となった、元伊東家の菩薩寺の東光寺より移された伊東家歴代の墓と塔が安置されています。

Img_8880 Img_8881 

本堂

Img_8882 Img_8887 Img_8888

市指定の天然記念物のソテツ

Img_8885 Img_8886


また伊東七福神のひとつもあります。

Img_8884

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

| | コメント (4)
|

頼朝と八重姫が逢瀬を重ねた音無神社

JR伊東駅からバスで、音無神社へ向かいました。

Img_8859 Img_8860

音無神社は、音無の森とよばれた一角にあり、音無川(松川)の東岸に鎮座しています。

『曽我物語』によれば、14歳で伊豆国へ流罪となり、伊東祐親の監視下で日々を送っていた源頼朝は、祐親が大番役で上洛している間に、祐親の三女・八重姫と通じ、頼朝と八重姫が逢瀬を楽しんだところがこの神社のある音無の森だったと伝えられています。
やがて二人の間には、男の子が生まれ、千鶴御前と名付けました。

千鶴御前が3歳になった時、大番役を終えて京から戻った祐親は激怒し、家人に命じて千鶴を轟ヶ淵に柴漬にして殺害し、二人の仲を引き裂いたといいます。

Img_8861 Img_8862 

祭神は豊玉姫命(とよたまひめのみこと)

Img_8868

千鶴丸を祀る摂社

Img_8863 Img_8864 

Img_8865

境内の天然記念物のタブの木

Img_8867 Img_8866

樹齢1000年ともいわれ、木陰で源頼朝と八重姫が密会を楽しんだと伝えられています。

「豊玉姫命と源頼朝・八重姫の歴史絵巻物」

Img_8876 Img_8875

豊玉姫が見守る中で頼朝と八重姫が逢瀬を重ねる様子

Img_8869 Img_8870

子供の千鶴丸を授かる様子

Img_8871 Img_8872

祐親の命令で千鶴丸を処刑しようとする様子が描かれています。

Img_8873 Img_8874

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

| | コメント (6)
|

後白河法皇が創建した法住寺殿の鎮守社・新日吉神宮

1160年(永暦元年)、後白河法皇が院の御所(法住寺殿)の鎮守社として、もとは智積院南側に創建したのが始まりです。その後社地は転々としており、江戸時代になって豊国廟社が壊されたのと同時期に旧廟前に移り、現在の社地となったのは、豊国廟が再興された1897年(明治30年)になってからです。
1958年(昭和33年)後白河天皇を増祀し、1959年(昭和34年)に神社名を現在の新日吉神宮と改めました。

楼門
1_20141111114926876


江戸時代には、豊臣家や豊臣秀吉に関するものはすべて壊され、禁止されたのですが、京都での秀吉の人気は高く、秀吉を隠れて崇拝する人々が集ったのが新日吉神宮だったといいます。

境内の樹下社(このもとのやしろ)は豊国神社(ほうこくじんじゃ)とも呼ばれ、この樹下社に、秀吉を信仰をする人々が訪れました。
かつて新日吉神宮が、豊国廟社の跡地に建っていたこと、樹下社の「樹下」と、秀吉の旧名・木下藤吉郎の「木下」、秀吉の幼名「日吉」だったため、新日吉の樹下社にすることでカモフラージュしたそうです。

拝殿
2_2014111111492744f


本殿
3_20141111114928c17 4_201411111149596f0

新日吉神宮の本殿脇にいるのは、狛犬ではなく狛猿
猿の姿をした神様のお使いで、「魔が去る」とか、「何よりも勝る」との語呂合わせがあるといわれています。
神猿はなぜか金網に入れられています。

その理由として、「神の使いが盗まれてしまわないように」「猿たちが夜な夜な動き出すのを防ぐため」と伝えられています。

6_20141111114957cd7 5_201411111149303bb

7_20141111114931372

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

| | コメント (6)
|

新年のご挨拶

Hituji10_5

昨年は大変お世話になりました。

今年も引き続き源平の記事を書いていきますので

よろしくお願い致します。

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

| | コメント (4)
|

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »