« 頼朝と八重姫が逢瀬を重ねた音無神社 | トップページ | 頼朝が八重姫との逢瀬を重ねた日暮神社 »

八重姫が千鶴御前を祀った最誓寺

音無神社の隣りにある最誓寺は、八重姫が千鶴御前を祀ったとされ、八重姫が奉安したとされる地蔵菩薩が、本尊阿弥陀如来と共に寺宝として祀られています。

Img_8889 Img_8877 Img_8878 Img_8879

境内には明治初期廃寺となった、元伊東家の菩薩寺の東光寺より移された伊東家歴代の墓と塔が安置されています。

Img_8880 Img_8881 

本堂

Img_8882 Img_8887 Img_8888

市指定の天然記念物のソテツ

Img_8885 Img_8886


また伊東七福神のひとつもあります。

Img_8884

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

« 頼朝と八重姫が逢瀬を重ねた音無神社 | トップページ | 頼朝が八重姫との逢瀬を重ねた日暮神社 »

源頼朝」カテゴリの記事

コメント

最誓寺!
このお寺の写真も見事に撮影されていますね!小生のグログ読み返して見てみますと写真が大変悪いです!
音無神社も悪かったです!

コメントありがとうございます!

四方さんの記事がきっかけで、音無神社も最誓寺も行くことが

できました!

また情報お願いしますね(#^.^#)

「御前」という言葉は、「静御前」や「巴御前」のように、女性に付けられる尊称かと思っていましたが、男の子にも付けられるのですね。

もしかして、男女・大人子どもを問わずに、誰にでも付けられるのかな・・

そんな基本的なことを今更ながら考えています(笑)

めりいさん、私も女性が主かと思っていましたが、~どの、…様というように、父ごぜんなどと使うこともあるのですね。

ちなみに、この千鶴は「千鶴丸」とも呼ばれていたそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 頼朝と八重姫が逢瀬を重ねた音無神社 | トップページ | 頼朝が八重姫との逢瀬を重ねた日暮神社 »