« 三島の旅(8)三嶋大社の社殿 | トップページ | 三島の旅(10)源頼朝が餅売りの媼のために建立した寺・成願寺 »

三島の旅(9)三嶋大社 頼朝・政子の腰掛石

治承4年5月に源頼朝が平家追討の心願をこめて、三嶋大社に百日の日参をした際、腰をかけて休憩したという腰掛石です。

Img_9399 Img_9400jpg

左側の石が頼朝、右側の石が北条政子なのだそう。

見た目にも、頼朝様の石は、背もたれ付きで、大きくて男性らしく、政子様のは小さ目で女性らしい感じがします。

ここも三嶋大社の記念写真スポットになっています。

そして、こちらは「天然記念物 三嶋大社の金木犀」

Img_9397 Img_9398_kinmokusei

金木犀の甘い香りって良いですね~lovely

秋に満開になるこの金木犀の姿もいつか見てみたいと思いつつ、三嶋大社を後にしました。

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

|
|

« 三島の旅(8)三嶋大社の社殿 | トップページ | 三島の旅(10)源頼朝が餅売りの媼のために建立した寺・成願寺 »

源頼朝」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。いつもお世話になっております。
あらー、素敵な夫婦椅子(違)。百日の願掛けを夫婦でされたとは、仲良しですね。例え鬼の形相であろうとも・・・。
金木犀がまず読めず、開花が秋だとしずか様のコメントで知る、国語も理科も苦手なわたくしです。こほん。

投稿: つねまる | 2015年5月18日 (月) 20時55分

つねまるさん、こんばんは!

訪問&コメントありがとうございますm(__)m
最近は、この腰掛石に座って記念写真!という場になっているようです(^_^;)

金木犀の香り・・・小学生の頃、この香りを楽しみに通学路を歩いていたことを思い出しました(#^.^#)

投稿: しずか | 2015年5月19日 (火) 00時56分

老生宅には樹齢350年以上の銀モクセイがありますが、金木犀は無かったので退職記念に植えて17年9月下旬には家回りが素晴らしい芳香に包まれます!
金木犀と言えば共産中国の桂林です!9月中旬には街中が芳香に包まれます。桂とは金木犀のことです。
老生の三嶋神社の記事見ると頼朝・政子の腰掛石が写っていません。このことは始めて知りました。

投稿: willy_tsuguo_shikata | 2015年5月19日 (火) 06時02分

四方さん、コメントありがとうございます。

>9月下旬には家回りが素晴らしい芳香に包まれます!

それは素晴らしいですね!

我が家には金木犀の木はありませんが、隣の家にあるので、秋になると芳香をお裾分けしていただいいています(^_-)

投稿: しずか | 2015年5月19日 (火) 10時36分

頼朝様の石と政子様の石。

政子様は自分の意志を通す強い女性だったので、もしかして大きな石に座っていたかも(笑)

投稿: めりい | 2015年5月23日 (土) 16時28分

めりいさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

>政子様は自分の意志を通す強い女性だったので、もしかして大きな石に座っていたかも(笑)

あはは!!
そうですね~その可能性大かもしれません(^_^;)
政子さんの方がいばっていたかも・・・

投稿: しずか | 2015年5月23日 (土) 21時48分

 こんばんは。 頼朝様はいろいろな所に腰かけた様で、腰掛石が何個かありますね。
 金木犀は中国から、雌の木だけ日本にいれたので、日本にあるのは、ソメイヨシノと同じ、全てクローンです。
 金木犀前線が北から南へ下ります。

投稿: Minoru | 2015年8月30日 (日) 20時56分

Minoruさん、こんばんは!

おっしゃるように、腰掛石は各地に残っていますね(#^.^#)

>金木犀は中国から、雌の木だけ日本にいれたので、日本にあるのは、ソメイヨシノと同じ、全てクローンです。

そうなのですか!
教えていただきありがとうございますm(__)m
秋になると、金木犀の香りが恋しくなります。

投稿: しずか | 2015年8月30日 (日) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三島の旅(8)三嶋大社の社殿 | トップページ | 三島の旅(10)源頼朝が餅売りの媼のために建立した寺・成願寺 »