« 三島の旅(9)三嶋大社 頼朝・政子の腰掛石 | トップページ | 三島の旅(11)荒木神社 »

三島の旅(10)源頼朝が餅売りの媼のために建立した寺・成願寺

伊豆の国市原木の成願寺(じょうがんじ)は、源頼朝餅売りの嫗のために創建したという寺です。

Img_9445

頼朝が、三嶋大社へ百日詣でに通う道中、ある餅売りの媼の店に立ち寄り、草餅を度々ご馳走になりました。媼は不遇な源氏の御曹司を励ますために、時には蛭ケ小島まで届けることもあったといいます。

やがて、頼朝が挙兵し、平家を倒して鎌倉幕府を開きます。
頼朝は旧恩を忘れず、媼を訪ね「何なりと望みをかなえよう」と言ったところ、媼は「私は老い先短いので、阿弥陀仏を拝んで余生を送りたい」と願ったといいます。
頼朝は、阿弥陀仏を与え、一寺を建立して媼の望みを叶えてやりました。

成願寺は媼の「我が願い成る」と喜んだ言葉を寺号としたものでだそうです。
(伊豆の国観光協会HPより)

Img_9446

本堂に向かって左側に餅売媼の墓があるというので探してみたのですが、違うものを写してしまったようで・・・wobbly お墓の画像はありません。

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

|
|

« 三島の旅(9)三嶋大社 頼朝・政子の腰掛石 | トップページ | 三島の旅(11)荒木神社 »

源頼朝」カテゴリの記事

コメント

>頼朝は旧恩を忘れず、媼を訪ね「何なりと望みをかなえよう」と言ったところ、媼は「私は老い先短いので、阿弥陀仏を拝んで余生を送りたい」と願ったといいます。頼朝は、阿弥陀仏を与え、一寺を建立して媼の望みを叶えてやりました。成願寺は媼の「我が願い成る」と喜んだ言葉を寺号としたものでだそうです!
さすが、源頼朝らしい律儀のある逸話ですね!

投稿: willy_tsuguo_shikata | 2015年5月27日 (水) 05時18分

四方さん、コメントありがとうございます。

冷酷なイメージのある頼朝ですが
こんな心温まるエピソードもあるのですね!

投稿: しずか | 2015年5月27日 (水) 07時59分

成願寺って、字のごとく願いが叶ったお寺なのですね。

私もいつか願いを叶えたいですが、お寺は要りません(笑)

投稿: めりい | 2015年5月29日 (金) 13時55分

めりいさん、こんばんは!

願いを叶えてもらえるなら?

そうですね~何を頼もうかな~?

頼朝さんになら「義経さまに会わせて!」と

頼みますo(*^▽^*)o

投稿: しずか | 2015年5月29日 (金) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三島の旅(9)三嶋大社 頼朝・政子の腰掛石 | トップページ | 三島の旅(11)荒木神社 »