« 三島の旅(17)願成就院 | トップページ | 三島の旅(19)信光寺 »

三島の旅(18)守山八幡宮

守山八幡宮は、源頼朝旗挙の地と言われ、鳥居の横に「源頼朝挙兵之碑」があります。

Img_9487


1180(治承4)年4月27日、平家追討の令旨を受け取った頼朝は、同年8月15日に守山八幡宮で平家討伐の祈願をし、山木判官平兼隆(やまきはんがんたいらのかねたか)の館を襲撃したといいます。

Img_9488

史蹟 源頼朝挙兵之碑

源頼朝 治承四年(1180)8月15日守山八 幡宮に平家追討を祈願して 挙兵 夜陰 源氏重忠の軍 兵数十騎 山木判官平兼隆 を襲い討つ 其の間 頼朝 遥かに山木館の火煙を望 み 悲願の達成を悦ぶ 蓋 し鎌倉幕府草創の礎はここ に於て成ると 故に記して 建碑の所以とする

Img_9491

當社の創建は大化3年(647)御祭神は大山祇神で延喜式内 石徳高神社である
延喜7年(907)豊前国宇佐宮より八幡神を勧請合祀其の後 専ら伊豆国総社八幡と稱す
治承4年(1180)源頼朝此處に源家再興を祈り兵を挙げる
現在の本殿は寛永9年(1632)久能城主榊原大内記照久の造営である

急な石段の上に、本殿があり、下の舞殿では、10月10日に五穀豊穣を願い「三番叟(さんばそう)」が演じられます。

 舞殿                 本殿

Img_9489 Img_9490

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

 

« 三島の旅(17)願成就院 | トップページ | 三島の旅(19)信光寺 »

源頼朝」カテゴリの記事

コメント

大分すたれた神社ですが延喜式内社だけに、見事な舞殿がありますね!
此処で旗揚げし、祈願した守山八幡宮!
風格があります!

四方さん、古いだけに、歴史と由緒を感じる神社ですね。
ここで頼朝が旗揚げしたと思うと、わくわくします。

頼朝が旗挙したのが「守山八幡宮」なのですか。

同じ「守山」に住む者として、嬉しく思います(笑)

めりいさん、同じ「守山」でしたね(#^.^#)

この地が「旗揚げ」「元服」「出生の地」というのは、いくつかある場合が多いですね。

こんばんは。いつもお世話になっております。
頼朝がやっと旗揚げすることが出来た場所なのですね。うわぁ、素敵。
皆がどんな顔で集まったのかな。何だよ、お前、平家じゃないのかー?と、あちこちでつつき合いとか。
ムシゴメ炊いた2年後の創建ですか。当時はどんな所だったのでしょう。

つねまるさん、こんばんは!

コメントありがとうございます。
今日はお休みだったので、久しぶりに大河ドラマ「義経」の総集編を我が家で上映しました!
頼朝さんの旗揚げについては、ちょこっと触れていました。当時どんな感じだったのでしょうね?
妄想が膨らみます(#^.^#)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三島の旅(17)願成就院 | トップページ | 三島の旅(19)信光寺 »