« 三島の旅(19)信光寺 | トップページ | 三島の旅(21)真珠院 八重姫主従七女の碑 »

三島の旅(20)真珠院 八重姫御堂

伊豆の国市の真珠院

Img_9498_2

Img_9504 Img_9505

伝承によれば、源頼朝のあとを慕って伊東から山を越え北条館を訪れた八重姫 は、頼朝の心変わりを知り、この寺の前にある真珠ケ渕に身を投じて果てたといいます。

Img_9499

伊東八重姫入水の地

源頼朝との契りの一子「千鶴丸」を源平相剋のいけにえにされた伊東祐親の四女「八重姫」は、悶々日を送る中、遂に意を決し、治承4年7月16日侍女6人と共に伊東竹の内の別館を抜け出し、亀石峠の難路に、はやる心を沈めながら頼朝の身を隠す放生時政館の門をたたきました。
然し既に政子と結ばれていることを知る邸の門衛は冷たく、幽閉された身の我が館に帰る術もない八重姫は、真珠ケ淵の渦巻く流れに悲恋の若き「いのち」を断ってしまいました。
悠久800年、狩野川は幾度か流れを変え、今は「古川」の小さな流れに閉ざされた悲恋のしのび音を偲ばせてくれます。
尚、当院境内に県下最古の「五輪塔」(1302)並に磨崖仏(1363)その他宝篋院塔(1335)等々貴重な石造物が安置されています。     八重姫奉讃会

真珠院の直ぐ横に川が流れています。

Img_9502

平安時代は「真珠ヶ淵」と呼ばれ、今は「古川」と言うそうです。

ここに八重姫が身を投げたのですね。

 

山門を入ってすぐ右側には八重姫(静姫)の供養堂があります。

八重姫御堂(静堂)

Img_9507 Img_9506

八重姫御堂には、八重姫の木像と供養塔が安置され、小さな梯子がたくさん掛けられています。

梯子供養

Img_9511


八重姫が入水した時、「せめて梯子があれば救うことが出来たのに」という里人たちの気持ちが、今日、願い事が成就したとき、そのお礼参りとして梯子を供える習慣として残されているそうです。

願かけ石

Img_9510

八重姫御堂の左前には、「願かけ石」があります。
自分の歳の数だけ石を叩くと願い事が成就すると伝えられています。

那木の木

Img_9508

堂の右手の大木は那木(和木)といい、平和、穏やかの意。この葉は横に裂けず愛のお守りとして、また家族平穏のお守りとして持つと功徳があるといいます。

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

 

« 三島の旅(19)信光寺 | トップページ | 三島の旅(21)真珠院 八重姫主従七女の碑 »

源頼朝」カテゴリの記事

コメント

三島の旅(20)真珠院には八重姫御堂があるのを始めて知りました。
三島は源氏、北条、後北条と武士の世界には大いに縁のあるところですね!

四方さん、前回の伊豆の国市訪問で、ここ真珠院を抜かしてしまったので、この時はここが見たくて再度三島から行った次第です。

頼朝の心変わりを悲観して身を投げた「八重姫」・・
可哀想ですね。
この800年余りの間、人々は八重姫の霊を慰め、祈りを捧げてきたことでしょう。

それに比べて強い女性「政子」

もし今の時代の女性に、この二人のどちらが好きか投票させたら、どんな結果がでるでしょうね。

面白そうです(笑)

めりいさん、その人気投票、歴史の雑誌に提案したいですね(笑)

私は強過ぎる女性は苦手だな~(^_^;)

といっても、身を投げるまでの女性もな~

どちらかというと選ぶの難しいですね。

 こんばんは。三島の旅をようやく読み終わりました。いろいろ分かって楽しめました。

Minoruさん、三島の旅、すべて読んでいただきありがとうございましたm(__)m

バックナンバーまで目を通していただいて嬉しいです!

梯子供養は珍しいですが、綾部の古刹、仏南寺でもあります!
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/325.html

四方さん、記事のリンクありがとうございます。

仏南寺では、夜尿症を止める「地蔵菩薩」がお祀りされているのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三島の旅(19)信光寺 | トップページ | 三島の旅(21)真珠院 八重姫主従七女の碑 »