« 三島の旅(22)蛭ヶ小島の夫婦の像 頼朝と政子 | トップページ | 高倉天皇陵 »

三島の旅(23)源平タイルの散策路

韮山駅と蛭ケ小島を繋ぐ道は源平合戦に関わるタイルが埋め込まれた歩道になっています。

shine画像をクリックすると拡大します。

北条政子                  頼朝と政子  
Img_9536 Img_9537

笹りんどう                 北条一族
Img_9538 Img_9539

北条時政                 江川邸
Img_9540 Img_9541

真珠院と八重姫             餅売り姥と成願寺
Img_9542 Img_9543

梛の木                   蛭ヶ島
Img_9544 Img_9545

池の禅尼                 北条早雲
Img_9546 Img_9547

平清盛                   平治の乱
Img_9548 Img_9549

清和源氏系図              源頼朝 
Img_9550 Img_9551

これを読みながら歩いていると、歩くのも苦にならず、あっという間に駅に着いてしまいます。

運動がてら、歴史の勉強はいかがですか?

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

 

 

|
|

« 三島の旅(22)蛭ヶ小島の夫婦の像 頼朝と政子 | トップページ | 高倉天皇陵 »

八重姫」カテゴリの記事

北条政子」カテゴリの記事

北条時政」カテゴリの記事

平清盛」カテゴリの記事

源頼朝」カテゴリの記事

コメント

これは面白い「韮山駅と蛭ケ小島を繋ぐ道は源平合戦に関わるタイルが埋め込まれた歩道になっています。」ですね!
読み込むのに少々時間がかかりましたが、良く理解できますね!

投稿: willy_tsuguo_shikata | 2015年9月20日 (日) 06時05分

四方さん、すべて読んでいただいてありがとうございました!

なかなかうまい説明ですよね)^o^(

投稿: しずか | 2015年9月20日 (日) 09時56分

町の名物をデザインしたタイルを
埋め込んだ街はあるけここまで来たら
博物館的な要素が高い
素敵な道ですね。
初めて見ました!

投稿: せいパパ | 2015年9月21日 (月) 05時37分

せいパパさん、訪問ありがとうございます。

この辺りはお店もあまりない自然に囲まれた道なので
このようなタイルを埋め込んだ道にしたのは
良いアイディアだと思います(o^-^o)

投稿: しずか | 2015年9月21日 (月) 09時03分

私もこれ、見覚えあります。
写真にも撮った記憶があります。

観光客にも、また地元の人にも、歴史に興味をもってもらう良いアイディアですね。

投稿: めりい | 2015年9月21日 (月) 20時40分

めりいさん、こういうのは、撮影しておいて後で
ゆっくり見るべきですね。

時間のない時は、いつもそうしています。

投稿: しずか | 2015年9月21日 (月) 23時12分

 こんばんは。楽しいタイルですね。 蛭ヶ小島というと、西郷隆盛が流された、沖永良部島の様な所を想像してしまいますが、当時、中州で今は、陸続きだそうですね。
 最近は実朝もかなり有能な武将だったと言われたり、義経も天下取りの野望があったと言われたり、忙しいですね。
 頼朝の肖像画も楠正成の弟だったという説も浮上してきて、新情報に目が離せません。

投稿: Minoru | 2015年9月22日 (火) 19時48分

Minoruさん、こんばんは!

本当、楽しいタイルですよね。
そうそう、小島というと、離れ小島を連想しますよね。

肖像画も定説が覆されたりと、だからこそ歴史は今にも生きていて
面白いのだと思います。

投稿: しずか | 2015年9月22日 (火) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三島の旅(22)蛭ヶ小島の夫婦の像 頼朝と政子 | トップページ | 高倉天皇陵 »