« 木曽義仲ゆかりの葵の湯(別所温泉) | トップページ | 源頼朝ゆかりの北向観音(2)愛染かつら(別所温泉) »

源頼朝ゆかりの北向観音(1)北向観音堂~温泉薬師瑠璃殿 ~札所観音堂 (別所温泉)

北向観音は、寺伝によれば、平安時代初期の天長2年(825年)比叡山延暦寺座主・慈覚大師 円仁によって開創されたといいます。

北向観音堂
1_20160615155505724

安和2年(969年)平維茂によって三楽寺、四院、六十坊を増築され、大伽藍として大改修が行われましたが、木曽義仲の兵火により、八角三重塔と石造多宝塔を残して全て焼失し、源頼朝の命のもと伽藍復興が行われ、再興されました。

2_20160615155507b08


鎌倉時代の建長4年(1252年)には北条国時によって再建されたと伝えられています。

江戸時代の正徳3年(1713年)に焼失し、享保6年(1721年)に現在の堂が再建され、その後度々修復を加え、昭和36年に増改築を施し、善光寺の本堂と同じ「撞木造り」となりました。

北向観音という名称は堂が北向きに建つことに由来します。
これは「北斗七星が世界の依怙(よりどころ)となるように我も又一切衆生のために常に依怙となって済度をなさん」という観音のお告げよるものといわれています。

3_20160615155409248

また、善光寺が来世の利益、北向観音が現世の利益をもたらすということで善光寺のみの参拝では「片参り」になってしまうと言われています。

温泉薬師瑠璃殿
4_20160615160843b6a

観音堂に隣接する温泉薬師瑠璃殿は火災の後、現在の建物は文化6年(1809)、地元の人々によって再建されたもので、この地には、温泉の薬効でさまざまな病気を治すという温泉信仰があるそうです。

札所観音堂

5_20160615155414d20
 6_20160615155502c98 7_2016061515550354d 8_20160615155412940


応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

|
|

« 木曽義仲ゆかりの葵の湯(別所温泉) | トップページ | 源頼朝ゆかりの北向観音(2)愛染かつら(別所温泉) »

源頼朝」カテゴリの記事

コメント

別所温泉の源頼朝が再建した北向観音堂は誠に見事な伽藍ですね!

投稿: willy_tsuguo_shikata | 2016年9月 1日 (木) 05時59分

北向観音は、京都でも見たことがあります。
平安時代に多く建てられたのかも知れませんね。

投稿: めりい | 2016年9月 1日 (木) 13時31分

四方さん、ここは別所温泉の中で真っ先に訪ねたところです。
境内からの眺めも見事ですね。

投稿: しずか | 2016年9月 1日 (木) 13時53分

めりいさん、北向観音は、滋賀にもありませんでしたっけ?
私も他でも見たことがあります。

投稿: しずか | 2016年9月 1日 (木) 13時54分

 平維茂公は戸隠の鬼女、紅葉を何とか討つ事ができたという伝説がありますが、維茂公の子孫の越後平氏の、
城四郎長茂は、木曽義仲に敗れたのは残念です。

投稿: 平家人 | 2016年9月 4日 (日) 11時25分

平家人さん、こんにちは!

横田河原の合戦ですね。

木曽義仲軍は、城四郎長茂の軍を破り、北陸に進出・・・
この時の義仲の勢いは凄かったのでしょうね。

投稿: しずか | 2016年9月 4日 (日) 14時05分

調べてみたら、「北向観音」ではなく、「北向不動」でした。
京都鳥羽離宮跡にあります。

投稿: めりい | 2016年9月 5日 (月) 20時25分

めりいさん、わざわざ調べていただきありがとうございますm(__)m

北向観音は、東近江市にもありますね!

投稿: しずか | 2016年9月 5日 (月) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木曽義仲ゆかりの葵の湯(別所温泉) | トップページ | 源頼朝ゆかりの北向観音(2)愛染かつら(別所温泉) »