« 高野山を訪ねて(3)不動堂 | トップページ | 高野山を訪ねて(5)平清盛ゆかりの対面桜 »

高野山を訪ねて(4)西行桜と三昧堂

鳥羽法皇の北面の武士だった西行は、奥州平泉の旅から帰った後、高野山に草庵を結んで移り住み、以来30余年もの間、高野山で過ごしました。

西行が修行を行ったという三昧堂

Img_1438 Img_1439

高野山の座主・済高(さいこう)が、平安時代中期、延長7年(929年)「理趣三昧」という儀式のために建てたお堂です。

当初は総持院境内にありましたが、平安時代末期にこの場所に移築されました。

この移築に、蓮華乗院(大会堂)の奉行だった西行が関わったと伝えられています。

Img_1440

現在の建物は、江戸時代後期、文化13年(1816年)の再建です。

その御堂の前には、西行が三昧堂の移築・修造をした際の記念に植えたという桜があり、西行桜と呼ばれています。

Img_1434 Img_1433

その桜は三昧堂が再建された文化年間(江戸時代後期)に枯れてしまいましたが、現在は何代目かの桜が後継ぎとして植えられています。

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

« 高野山を訪ねて(3)不動堂 | トップページ | 高野山を訪ねて(5)平清盛ゆかりの対面桜 »

西行」カテゴリの記事

コメント

さすが漂泊の歌人西行法師。
草庵も西行桜も諸処にありますね。
ちちんぷいぷいの「昔の人は偉かった」ですね。

平家人さん、コメントありがとうございます。

「平清盛」では、神出鬼没な藤木直人の西行に時折笑ってしましたが、自分もその真似をしているようです。

>高野山に草庵を結んで移り住み、以来30余年もの間、高野山で過ごしました。

高野山は、西行ゆかりの地でもあったのですね。
良く調べて行かれましたね。

めりいさん、コメントありがとうございます!

今回再度高野山に行き、改めて源平にゆかりのあるところを発見し、取材してきました。
また後日記事に致します(#^.^#)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高野山を訪ねて(3)不動堂 | トップページ | 高野山を訪ねて(5)平清盛ゆかりの対面桜 »