« 高野山を訪ねて(11)西室院の源氏三代の墓 | トップページ | 高野山を訪ねて(13)金剛三昧院 表門~六本杉 »

高野山を訪ねて(12)鳥羽天皇皇后陵

不動院の参道を進んでいくと、鳥羽天皇皇后陵が左手にあります。
 
Img_2658 Img_2660
Img_2664 Img_2665
 
不動院に紺金泥阿弥陀経、阿弥陀三尊を治められた美福門院(藤原得子)のご遺命によりこちらに埋葬され、丸山御陵と称して以来、当院が供養奉仕をしているのだそうです。
 
Img_2666
 
得子は平治の乱の収束を見届けた後、永暦元年(1160年)11月23日、44歳にして白河の金剛勝院御所において崩御。遺令により遺骨は高野山に納められた。この時、女人禁制である高野山ではその妥当性が問題になった。(Wikipediaより)
 
不動院は、不動明王を本尊とし、延喜7年(906年)済高大僧正が西谷に開基した12ヶ院のひとつです。
Img_2662 Img_2669
 
山階宮家菩提寺としても知られています。
 
Img_2667 Img_2668
こちらの宿坊は、特に外国人観光客から人気があるそうですよ。

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

« 高野山を訪ねて(11)西室院の源氏三代の墓 | トップページ | 高野山を訪ねて(13)金剛三昧院 表門~六本杉 »

美福門院」カテゴリの記事

コメント

高野山を訪ねて「鳥羽天皇皇后陵」と「不動院」は素晴らしいですね!

美福門院は、鳥羽上皇に寵愛され近衛天皇も生まれたが、早世され、
また権力争いを、招かれた。
その為今までの俗世から離れて、京都ではなく高野山にお墓を造られたのでしょうか?

四方さん、コメントありがとうございました。

真田の旅が、源氏の旅ともなり、高野山を歩いていると
偶然にもこういうものが見えてくるとは。。。
自分でもびっくりしました。

平家人さん、コメントありがとうございました。

戦乱の場となった京都から離れて、高野山に身をおきたかったのでしょうか。
身分の高かった人も最後は寂しい人生ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高野山を訪ねて(11)西室院の源氏三代の墓 | トップページ | 高野山を訪ねて(13)金剛三昧院 表門~六本杉 »