« 高野山を訪ねて(12)鳥羽天皇皇后陵 | トップページ | 高野山を訪ねて(14)金剛三昧院  多宝塔~本坊、庫裏 »

高野山を訪ねて(13)金剛三昧院 表門~六本杉

金剛三昧院は、建暦元年(1211年)、北条政子の発願により源頼朝の菩提を弔うために創建された寺で、始めは禅定院と称しており、落慶法会には、日本臨済宗の開祖である栄西も招かれ、開山第一世としました。
承久元年(1219年)、源実朝の菩提を弔うために禅定院を改築し、金剛三昧院と改称し、以後将軍家の菩提寺として信仰されました。
貞応2年(1223年)、北条政子が禅定如実として入道し、建立奉行を葛山景倫(願性)・安達景盛が務め、源頼朝と源実朝の菩提を弔うための多宝塔(国宝)を建立。
その後、境内には勧学院が建てられ、高野版の摺本を用いた南山教学の中心地として栄えました。
Img_2411
 
表門
Img_2408 Img_2409
 
文政年間(江戸時代後期)に建立されたもので、山門の言葉として「毘張尊」(びちょうそん)と書かれています。
門の中にある鐘楼は重要文化財指定されているもので、1207~1210年の銘が書かれていることから、現存する鐘楼では日本で16番目に古いものと言われています。
 
六本杉(別名毘張杉)
Img_2414
 
樹齢400年とも言われる杉の大木。
根元のほうは、3本の木のように見えますが、上に行くと6本に分かれていることから、六本杉と呼ばれています。また別名の毘張杉とは、当院の守り神である毘張尊師と呼ばれる天狗様がこの杉の木に舞い降りてきたことに由来しています。
(金剛三昧院HP参照)

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

« 高野山を訪ねて(12)鳥羽天皇皇后陵 | トップページ | 高野山を訪ねて(14)金剛三昧院  多宝塔~本坊、庫裏 »

北条政子」カテゴリの記事

コメント

懐かしい高野山の金剛三昧院は、建暦元年(1211年)、北条政子の発願により源頼朝の菩提を弔うために創建された寺ですね。

四方さん、コメントありがとうございました。

団体ツアーで高野山に行った時は、この金剛三昧院の存在すら知りませんでした。
二回目の高野山行きで、いろいろ調べていて見つけたお寺です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高野山を訪ねて(12)鳥羽天皇皇后陵 | トップページ | 高野山を訪ねて(14)金剛三昧院  多宝塔~本坊、庫裏 »