« 高野山を訪ねて(16)高野山霊宝館 | トップページ | 源頼朝ゆかりの鳳来寺(1)鳳来寺山東照宮 »

浄瑠璃姫と義経

昨年秋、久しぶりに鳳来寺に行ったので、浄瑠璃姫と義経」の彫像のところまで行ってみました。

Img_1895

平成8(1996)年3月に整備され、彫像は、鈴木武右衛門氏によるものです。


義経                   浄瑠璃姫
Img_1896 Img_1897                


数年前に見たときも思ったのですが、あまりに芸術的過ぎて、理解できなかったのですが、この苦しみもがいている様子が、二人の悲恋を表しているのでしょうか。


Img_1899

浄瑠璃姫と義経  

 平家が都で全盛を誇っていたころ、岡崎の近くの矢作の里に、兼高長者という金持ちの権力者が住んでいました。長者には、鳳来寺のお薬師様に祈願して生まれた、浄瑠璃姫という美しい一人娘がありました。
 姫が15歳の春、平家の目を逃れ、藤原氏を頼って奥州へ向かう義経が、源氏とつながりのある兼高長者の家に泊まりました。姫と義経は愛し合うようになりましたが、義経はいつまでもいることはできません。
 「半年たったら、鳳来寺の千寿峰(せんじゅがみね)で私を待て」と言った義経の言葉を信じて、姫は乳母とともに千寿峰に来て、麓の笹谷(ささだに)に庵をつくって住みました。ある日、義経が通るといううわさを聞き、往来まで出て道行く人にたずねると、もう義経は通り過ぎてしまったということでした。悲しんだ姫は庵のほとりで自害してはかない一生を終えました。
 今も千寿峰の西の山の中に、浄瑠璃姫をまつる祠があります。(案内板より)

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

 

« 高野山を訪ねて(16)高野山霊宝館 | トップページ | 源頼朝ゆかりの鳳来寺(1)鳳来寺山東照宮 »

浄瑠璃姫」カテゴリの記事

源義経」カテゴリの記事

コメント

久し振りに「浄瑠璃姫と義経 」の記事が掲載されました!
懐かしいですね!

四方さん、義経さまは女性にモテモテだったのですねlovely

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高野山を訪ねて(16)高野山霊宝館 | トップページ | 源頼朝ゆかりの鳳来寺(1)鳳来寺山東照宮 »