« 高野山を訪ねて(22)奥之院 密厳堂 | トップページ | 高野山を訪ねて(24)奥之院 法然上人墓所 »

高野山を訪ねて(23)奥之院 芭蕉の句碑 

松尾芭蕉は貞享5年(1688)、両親の供養ため、高野山を訪れた際、奥之院の参道で、
「キジの鳴き声を聞いていると、しきりに父母が恋しいと鳴いているように聞こえる」と詠んだと伝えられ、
父母のしきりにこひし雉子(キジ)の声」と刻まれた句碑が建てられています。
Img_2350 Img_2350_2
 
 
この句碑は、安永4年(1775)に建立され、文字は池大雅によるものだそうです。

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

|
|

« 高野山を訪ねて(22)奥之院 密厳堂 | トップページ | 高野山を訪ねて(24)奥之院 法然上人墓所 »

松尾芭蕉」カテゴリの記事

コメント

高野山の奥之院の芭蕉の句碑は「「父母のしきりにこひし雉子(キジ)の声」と刻まれている諭旨です!

投稿: willy_tsuguo_shikata | 2017年8月 6日 (日) 05時43分

四方さん、コメントありがとうございました。

現地では句碑を読む余裕もなかったので、際、何て刻まれているのか調べてわかった次第です。

投稿: しずか | 2017年8月 6日 (日) 09時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高野山を訪ねて(22)奥之院 密厳堂 | トップページ | 高野山を訪ねて(24)奥之院 法然上人墓所 »