« 2017年11月 | トップページ

2017年12月

嵯峨野の祇王寺(2)

かやぶき屋根の草庵の中の控えの間にある大きな窓は、吉野窓と呼ばれ、窓の格子と外の竹やぶが交差し、影が色づいてみることから「虹の窓」とも呼ばれています。
 
Img_3339 Img_3340 Img_3341 Img_3342
 
仏壇には、本尊大日如来、平清盛祇王、祇女、母刀自、仏御前の木造が安置されています。
 
Img_3343
 
正面向かって左の宝筐印塔が祇王、祇女、刀自の墓。
右の五輪塔は清盛の供養塔で、いずれも鎌倉時代に作られたものだそうです。

 

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

 

 

 

| | コメント (2)
|

嵯峨野の祇王寺(1)

久し振りに嵯峨野の祇王寺へ行って参りました。
こちらは、「平家物語」に登場する白拍子の祇王ゆかりのお寺です。
 
Img_3326 Img_3325  
Img_3329 Img_3334
 
平家全盛の頃・・・
 
当時、白拍子の祇王、祇女という姉妹がいました。

姉の祇王は、
平清盛の寵愛を得て、妹の祇女も有名になり、幸せに暮らしていました。
Img_3335 Img_3336  

ところが、加賀出身の白拍子・
仏御前が現れてから、清盛の心は仏御前に移ってしまいました。

祇王は館を追い出されることになり、母・刀自、妹の祇女とともに、ここで庵を結びました。

後に、世の無情を感じた仏御前が突然この庵を訪ねて来て4人の女性は念仏三昧の余生を過ごすこととなります。

 

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

 

 

 

| | コメント (2)
|

« 2017年11月 | トップページ