« 新年のご挨拶 | トップページ

後白河天皇ゆかりの今熊野観音寺

泉湧寺の塔頭の一つに今熊野観音寺があります。
Img_3802 Img_3804_3
 
本尊は十一面観音(秘仏)、西国三十三所第十五番札所。
Img_3808
 
大同年間(806年~810年)、熊野権現のお告げを受けた空海がお堂を建てたのが始まりで、その後、藤原緒嗣が伽藍を造営したと伝えられています。
本堂                  大師堂
Img_3817 Img_3819
 
熊野権現を篤く信仰していた後白河天皇が今熊野の地に熊野那智権現を勧請したので新那智山とも呼ばれています。
 
頭痛持ちで苦しんでいた後白河天皇の枕元に観音様が現れて頭痛が治ったという話が伝えられていて、頭痛封じ、ボケ封じ、知恵授けのご利益で名高いお寺です。
 
Img_3825 Img_3813
 
また紅葉の名所としても知られています。
Img_3801 Img_3811 Img_3812 Img_3826

応援のポチッのご協力お願いします。wink

 

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

 


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

|
|

« 新年のご挨拶 | トップページ

後白河天皇」カテゴリの記事

コメント

泉湧寺の塔頭の一つである今熊野観音寺の紅葉も又見事ですね!
京都は本当に紅葉の名所が多いですね!

投稿: willy_tsuguo_shikata | 2018年1月12日 (金) 08時29分

ここは「義経」の年に参拝して以来行きました。

秋は紅葉の名所でもありますね。

投稿: しずか | 2018年1月12日 (金) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新年のご挨拶 | トップページ