« 五個荘(3)近江商人屋敷 | トップページ | 随縁寺と共正寺 頼朝に配流された貫名氏 »

五個荘(4)大城神社

大城神社の創建は推古天皇29年(621)、聖徳太子が小野妹子に命じて金堂寺を開いた際、鎮守社として勧請されたのが始まりとされます。
 
Img_0291 Img_0292
 
 
嘉慶2年(1170)に現在地に遷座し、高皇産霊神、伊邪那岐命、出雲路幸神、天児屋根命、天満宮、武内宿弥大臣を勧請合祀し、五個荘の産土神と仰ぎました。
 
Img_0294 Img_0295
 
 
文亀3年(1503)には当時の地頭・那須興市が金堂寺を改修した際家運長久を祈願し、近江の守護職・佐々木氏の居城観音寺城の鬼門に位置していたため、守護神として崇敬庇護されました。
 
Img_0301 Img_0298 Img_0299
 
佐々木氏が織田信長により滅ぼされた後、大城神社も一旦衰退しましたが、江戸時代になり、領主・柳澤氏より庇護されました。
もとは大宮神社、天満宮と称していましたが、明治36年改称、同14年、郷社に列せられました。

応援のポチッのご協力お願いします。wink

 

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

 


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

|
|

« 五個荘(3)近江商人屋敷 | トップページ | 随縁寺と共正寺 頼朝に配流された貫名氏 »

コメント

滋賀県五個荘の見事な大城神社ですね!佐々木氏が管理・維持していたそうですね!

投稿: willy_tsuguo_shikata | 2018年3月14日 (水) 08時30分

四方さん、ここはノーマークだったのですが、自転車で通りすがかったので、境内をのぞいてみました!

投稿: しずか | 2018年3月15日 (木) 01時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 五個荘(3)近江商人屋敷 | トップページ | 随縁寺と共正寺 頼朝に配流された貫名氏 »