« 俊寛の碑 | トップページ | 源頼朝布陣伝承地(2)松橋弁天 »

源頼朝布陣伝承地(1)紅葉寺と呼ばれる金剛寺

今から5年前のことですが、東京都北区滝野川の源頼朝布陣伝承地を訪ねました。
秋は紅葉の名所として「紅葉寺」として知られている金剛寺は、源頼朝が伊豆で挙兵した後、隅田川を渡って武蔵国へ攻め入る際、陣を張った場所といわれています。
Img_4540 Img_4542
寺伝によると、弘法大師・空海がこの地を遊歴し自ら不動明王像を彫ったと言われている。 この不動像は現在当寺院の本尊になっているものである。
その後、平安時代末期・源頼朝の時代に源頼朝自身が当地に布陣を張り、堂宇を建立また田園を寄進したと伝えられている。
その後、荒廃したが戦国時代に天文年間に阿闍梨宥印という僧が再興し、真言宗の寺院にしたと言われている。
当寺院一帯は江戸時代から紅葉の名所として知られていたことから、当寺院は紅葉寺の別称でも知られている。
また、当寺院付近は豊島氏の支族滝野川氏の居館である滝野川城跡であるとも言われ、滝野川の歴史を知る上でも価値があるものとされている。(Wikipediaより)
Img_4541
治承4(1180)年8月、鎌倉幕府初代将軍の源頼朝は配流先の伊豆で挙兵し、石橋山の合戦で敗れて安房に逃れましたが、上総・下総を経て隅田川を渡り、滝野川・板橋から府中六所明神に向い、ここから鎌倉に入って政権を樹立します。
この途次(とじ)の10月、頼朝は軍勢を率いて瀧野川の松橋に陣をとったといわれます。松橋とは、当時の金剛寺の寺域を中心とする地名で、ここから見る石神井川の流域は、両岸に岩が切り立って松や楓(かえで)があり、深山幽谷(しんざんゆうこく)の趣をもっていました。崖下の洞窟には、弘法大師の作と伝えられる石の弁財天が祀られていましたが、頼朝は、弁財天に祈願して金剛寺の寺域に弁天堂を建立し、所領の田地を寄進したと伝えられます。
金剛寺は紅葉寺とも称されますが、これは、この地域が弁天の滝や紅葉の名所として知られていたことに由来するからです。(北区飛鳥山博物館 文化財説明板より)

Img_4543 Img_4544  

応援のポチッのご協力お願いします。

|
|

« 俊寛の碑 | トップページ | 源頼朝布陣伝承地(2)松橋弁天 »

源頼朝」カテゴリの記事

コメント

東京都北区にある源頼朝布陣伝承地の紅葉寺と呼ばれる金剛寺ですね!

投稿: tsuguo shikata | 2018年6月16日 (土) 07時52分

四方さん、コメントありがとうございました。

かなり前に行ったのですが、記事にするのを忘れていました(^^ゞ

投稿: しずか | 2018年6月17日 (日) 07時31分

頼朝時代は、東京は荒野だったのようですね。

時代が変わったら、当時の人には、今の東京は想像できないでしょう。

今の東京で家を買うのは、サラリーマンでは不可能に思えます。

この記事から想像することを書いてみました。

投稿: ラメール | 2018年6月17日 (日) 13時31分

ラメールさん、コメントありがとうございました。

頼朝政権の頃の東京は現在の姿からは想像できないでしょうね。
今のような姿の基礎を作ったのは、家康の力が大きいでしょう。

投稿: しずか | 2018年6月19日 (火) 08時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 俊寛の碑 | トップページ | 源頼朝布陣伝承地(2)松橋弁天 »