« 東覚寺の赤紙が貼られた金剛力士像 | トップページ

源頼朝ゆかりの上田端八幡神社

東京都北区田端に鎮座する上田端八幡神社(かみたばたはちまんじんじゃ)は、文治5年(1189年)に源頼朝が、この地の豪族豊島氏と共に奥州の藤原一族を平定し、その帰路に駐留したあかしとして、鎌倉八幡宮を勧請し、祭祀を起し、郷土の鎮守とした神社です。
Img_4500 Img_4495 Img_4496 Img_4497
現在の田端は、江戸時代には田端村と呼ばれ、村内は上田端と下田端という二つの地域にわかれていました。各々の地域には、鎮守の八幡神社がまつられており、こちらの八幡神社は上田端の住民の鎮守で大龍寺が別当寺を勤め、もう一つの八幡神社は、東覚寺が別当となっていました。
祭神は品陀別命(ほんだわけのみこと)で、境内には稲荷神社・大山祗(おおやまつみ)神社および白鬚神社がまつられています。このうち白鬚神社は、現在の田端中学校の敷地内にあった神社で、その付近の畑の中には、争いの杉と呼ばれる神木がありました。木の高さは二丈五尺(約8.3m)余、幹の太さは九尺(約3m)位、遠くから望むと松の木にも見えたといわれます。
そこで、奥州平泉の高館(たかだち)に源義経を討伐に向かう途中の畠山重忠が、これを見て家来と松の木か杉の木かと争ったという伝承から争いの杉という名称で呼ばれるようになったといわれています。また、この杉の木は田端の三角(三岳)屋敷という場所にあり、太田道灌(*1)の争いの杉であるとの室町時代の伝承を述べる記録もあります。
このように境内の白鬚神社は、鎌倉から室町時代の貴重な伝承を伝えており、この伝承は村の鎮守の八幡神社と共に、北区の中世社会を考えるうえで重要な資料といえます。(東京都北区教育委員会)
Img_4499 Img_4501

応援のポチッのご協力お願いします。

|
|

« 東覚寺の赤紙が貼られた金剛力士像 | トップページ

源頼朝」カテゴリの記事

コメント

源頼朝と深い関係がある東京都北区田端に鎮座する上田端八幡神社(かみたばたはちまんじんじゃ)ですね!

投稿: Tsuguo Shikata | 2018年9月13日 (木) 05時54分

四方さん、ここもかなり前に参拝したのですが、田端八幡神社とセットで見学すべき神社です。

投稿: しずか | 2018年9月13日 (木) 11時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東覚寺の赤紙が貼られた金剛力士像 | トップページ