« 2018年12月 | トップページ

2019年1月

源頼義、源頼朝ゆかりの諏訪神社

新宿区高田馬場にある諏訪神社は、 弘仁年間(810 - 824年)の創建と伝えられ、小野篁により大国主命・事代主命を祀ったのがはじまりとされています。

Img_3380_2 Img_3381

 
当初、奥羽街道の一部松原街道に面していたので、松原神社と称されていましたが、江戸時代初期に、尾張の徳川家の祖である徳川義直により諏訪神社と改名されました。
その後も源頼義父子や源頼朝、太田道灌等が再造したといいます。
寛永年間(1624 - 44年)徳川家光が造営、 徳川家綱が老鷹を奉納して以後、代々徳川家の老鷹が奉納されており、徳川家の鷹狩と深いつながりを持ち、絵馬などが保管されています。
明和年間(1764 - 72年)徳川家治により、祭神を江戸城内の紅葉山及び吹上(浜離宮)へ遷座。
古より眼病・諸病に霊験有りとする地下霊水が湧き出しています。
Img_3382_2 Img_3383_2
神輿庫
Img_3385_2 Img_3386_2
塞神三柱の塔(さいのかみみはしらのとう) 新宿区登録有形民俗文化財
Img_3389_2 Img_3388_2
区内で唯一の塞神塔。天和2年(1682年)に建立されました。

Img_3387_2 Img_3390_2

応援のポチッのご協力お願いします。

| | コメント (1)
|

新年のご挨拶

昨年も応援&コメントありがとうございました。

今年もよろしくお願いします。

Nenga2019_17

応援のポチッのご協力お願いします。

| | コメント (1)
|

« 2018年12月 | トップページ