« 熊野の長藤 2019(3)池田の渡し | トップページ | 熊野の長藤2019(4)熊野御前の墓 »

頼朝の愛した新居町(3)女屋跡

新居町親水公園を通って進んでいくと、女屋跡(おなやあと)という史跡があります。

親水公園
Img_8582 Img_8583 Img_8584 Img_8585

女屋跡(おなやあと)
Img_8586 Img_8588 Img_8589 Img_8587


 橋本宿は、鎌倉時代、東海道の宿として栄えたところで、遊女が多くいたことから花香町(はなかちょう)とも呼ばれた。
 
 ここは橋本宿の長者屋敷の一角と考えられ、建久元年(1190) 源頼朝上洛の際に多数の遊女が群参したことからこの名が付けられたといわれる。長者の娘「妙相」と頼朝の恋物語が残っている。
 

 一説によると、頼朝の家臣が止陣した「御長屋」の跡とか「御納屋」の跡との説があるが定かでない。

   平成22年3月   湖西市教育委員会

 

 

これを読むと、頼朝はかなりのモテ男だったようですね(゚∀゚)


 

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

 


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

 

 

 

|

« 熊野の長藤 2019(3)池田の渡し | トップページ | 熊野の長藤2019(4)熊野御前の墓 »

コメント

頼朝の愛した新居町の女屋跡の碑文が残っているのですね!

投稿: tsugo shikata | 2019年6月 8日 (土) 05時44分

この史跡も今まで知りませんでした。まさに灯台もと暗しです。

投稿: しずか | 2019年6月 8日 (土) 06時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熊野の長藤 2019(3)池田の渡し | トップページ | 熊野の長藤2019(4)熊野御前の墓 »