« 頼朝の愛した新居町(11)小松楼 その壱 | トップページ | 頼朝の愛した新居町(13)紀伊国屋資料館 その壱 »

2019年10月 6日 (日)

頼朝の愛した新居町(12)小松楼 その弐

小松楼の2階は、座敷となっており、間取りやべんがら色の壁など当時の面影を残しています。

Img_8646 Img_8647_20190924140501 Img_8648

Img_8650 Img_8651Img_8658

芸者置屋の後は、間貸しをしたり、家族が暮らしていたため、明治から平成までの少しずつの増改築の跡が見られる建物となっています。

 

昔のヤマハオルガン

Img_8649

昔のミシンもありました。

Img_8657Img_8656Img_8653

小松楼には芸者がお稽古に使った本や、三味線太鼓などの楽器、櫛や黛などの化粧道具が残っています。

Img_8654 Img_8651

当時の芸者たちの写真も飾られています。

Img_8655Img_8659Img_8660

皆さん、お綺麗ですね!

 

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

 

« 頼朝の愛した新居町(11)小松楼 その壱 | トップページ | 頼朝の愛した新居町(13)紀伊国屋資料館 その壱 »

コメント

小松楼の明治時代や基本的には江戸時代の様式など見れて素晴らしい!

四方さん、コメントありがとうございました。

休憩がてら、この小松楼に立ち寄ったのですが、
当時の雰囲気も味わえて、なかなか良いスポットでした。

頼朝が愛した小松楼、そんなに古い時代からあったのですか。

芸者、置屋などもう庶民が行けるところではないですね。

こんな古いものが浜松には残っているんですか。

浜松自体がいい街ですね。

ラメールさん、コメントありがとうございました。

浜松から比較的近いところに頼朝ゆかりの史跡があり、今年の春にウォーキングに参加してきました。
こちらもなかなか楽しめるところが多かったですよ。

19号、東海地方直撃のようですね。

ひるすぎから夜半にかけてでしょうが万全の準備をして
大型台風迎えてください。

しかし、大きな災害もなく通過することを祈っています。

ラメールさん、ご心配いただきありがとうございます。
すでに庭がプールのような状態にあっています(;゚ロ゚)
昨日までにできる限りの台風対策はしてあるのですが、
このまま降り続くと心配です。
そちらもお気をつけください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 頼朝の愛した新居町(11)小松楼 その壱 | トップページ | 頼朝の愛した新居町(13)紀伊国屋資料館 その壱 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ