« 頼朝の愛した新居町(13)紀伊国屋資料館 その壱 | トップページ | 頼朝の愛した新居町(15)新居宿の旅籠 »

2019年10月27日 (日)

頼朝の愛した新居町(14)紀伊国屋資料館 その弐

一階の風呂場や台所

Img_8685 Img_8686

Img_8687

当時の生活様式がうかがえます。

階段を上って二階の客の間へ。

Img_8688

天井が180cmと低めなのは、争い事などで刀を降り降ろせないようにするためとのことだそうです。

Img_8689 Img_8692

部屋には、当時の旅人が使用していた道具が置かれています。

担い箱は、行商人が品物を運ぶのに使われました。

Img_8692_20191027124501

角枕は、髷がくずれないように工夫された木製の枕です。

Img_8693

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

 

« 頼朝の愛した新居町(13)紀伊国屋資料館 その壱 | トップページ | 頼朝の愛した新居町(15)新居宿の旅籠 »

コメント

見事に残された紀伊国屋資料館は部屋の高さが180センチで刀が振れないなどの工夫が
多く在り、江戸時代の武士達に対する考えが覗われますね!

四方さん、コメントありがとうございました。
天井の低さの造りの理由を聞くと、当時は物騒だったのがよくわかりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 頼朝の愛した新居町(13)紀伊国屋資料館 その壱 | トップページ | 頼朝の愛した新居町(15)新居宿の旅籠 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ