« 頼朝の愛した新居町(18)新居関所 その弐 | トップページ | 大原の源平史跡(1)熊谷直実腰掛石と鉈捨藪跡 »

2019年12月18日 (水)

頼朝の愛した新居町(19)浜名橋から新居町駅へ

浜名橋は、浜名湖から太平洋に注ぐ浜名川に、平安時代の貞観4年(862)に架けられました。浜名橋は当時としては大きな橋でしたが、災害によって幾度も架け替えられました。平安時代には、宇治橋(宇治川)、瀬田橋(琵琶湖)、山崎橋(淀川)とならんで、浜名橋(浜名川)は四大橋の一つと称されるほど、浜名橋は、東海道を往来した貴人の日記や和歌にも登場するなど風光明媚であったといわれてます。

(湖西市観光振興協議会)

 

現在の浜名橋

Img_8738 Img_8741 Img_8743

欄干前には、東海道五十三次の絵が

Img_8740

浜名橋から望む浜名湖方面

Img_8742

Img_8744

ウオーキングのゴール・新居町駅へ

Img_8745_20191218140801

 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

« 頼朝の愛した新居町(18)新居関所 その弐 | トップページ | 大原の源平史跡(1)熊谷直実腰掛石と鉈捨藪跡 »

コメント

浜名橋の江戸時代の四大大橋としての重要性が判ります!

ウォーキングの新居町編、今回で終了です。
最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 頼朝の愛した新居町(18)新居関所 その弐 | トップページ | 大原の源平史跡(1)熊谷直実腰掛石と鉈捨藪跡 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ