« 頼朝の愛した新居町(19)浜名橋から新居町駅へ | トップページ | 新年のご挨拶 »

2019年12月29日 (日)

大原の源平史跡(1)熊谷直実腰掛石と鉈捨藪跡

久しぶりに秋の大原を訪ねました。

Img_5027 Img_5197

三千院から勝林院に向かう途中に、熊谷直実腰掛石鉈捨藪跡があります。

熊谷直実腰掛石
Img_5153 Img_5154 Img_5153_20191229202901


熊谷直実
没年:承元2.9.14(1208.10.25)
生年:永治1(1141)
平安末・鎌倉前期の武士。武蔵国大里郡熊谷郷(熊谷市)の領主,直貞の次男。通称次郎,法名蓮生。2歳で父を失い,叔父の久下直光に養育されたが,直光の代理で大番役に上洛したとき,傍輩の侮辱を受けて憤慨し,平知盛に仕えて都にとどまった。その間に直光が直実の所領を押領したため境相論が発生した。治承4(1180)年4月の石橋山の戦では,平家方として源頼朝を攻めたが,まもなく頼朝の配下となり,11月の佐竹秀義攻撃で抜群の戦功をあげ,本領の熊谷郷の地頭職に補任された。次いで,元暦1(1184)年の宇治川の戦や,一の谷の戦などでも武名をあげるが,特に一の谷の戦で16歳の平敦盛を討ったことは有名で,『平家物語』などは,これがのちに直実が出家する機縁になったという。文治3(1187)年,鶴岡八幡宮の流鏑馬で的立役を拒否して,頼朝の不興を買い,所領の一部を没収された。さらに建久3(1192)年叔父直光との境相論の席上,頼朝が直光を支持する気配をみせたことに立腹して,逐電。京都に赴き,法然の門に入り,蓮生と号した。直実の出家の動機をこの所領相論にもとめる説が有力。その直情径行な性格にふさわしく,一心に上品上生の往生を立願して,死期を予言し,予言どおり,端座合掌して高声念仏しながら往生したという。(コトバンクより)

Img_5152 Img_5151

鉈捨藪(なたすてやぶ)跡 
文治2年(1186年)の大原寺勝林院での法然上人の大原問答の折に、
その弟子の熊谷直実(蓮生坊)は、「師の法然上人が論議に敗れたなら法敵を討たん。」との思いで袖に鉈を隠し持っておりました。
しかし、上人に諭されて鉈を藪に投げ捨てたと伝えられています。
京都大原里づくり協会

 

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

 

 

« 頼朝の愛した新居町(19)浜名橋から新居町駅へ | トップページ | 新年のご挨拶 »

コメント

大原の源平史跡の「熊谷直実腰掛石と鉈捨藪跡」は大昔若い時に一度見ただけでした!!
思い出懐かしく拝見しました。

さすが四方さんはちゃんと見学済みですね!
ここは、下調べしておかないと、見逃してしまいそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 頼朝の愛した新居町(19)浜名橋から新居町駅へ | トップページ | 新年のご挨拶 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ