« 貴船神社(5)貴船神社の由緒 | トップページ | 貴船神社(7)思ひ川 »

2020年5月 6日 (水)

貴船神社(6)結社

貴船神社の本宮から結社(中宮)へと向かいます。

20111211_2167519

料理旅館の立ち並ぶ貴船川沿いの道は、秋は紅葉のトンネルとなります。

1

夏には川床が設けられ、涼を求める人達で賑わいます。

20111211_2167520 20111211_2167521

本宮より歩くこと10分、和泉式部もお参りしたという結社(ゆいやしろ)が見えてきます。

Photo_20200506120801

結社は、本宮より上流300メートル、山側の小高い地にあり、本宮と奥宮の中間にあるため中宮 (なかみや)とも呼ばれています。

御祭神は磐長姫命 (いわながひめのみこと)を祀り、古くから縁結びの神様として知られ、
男女の縁、人と人との縁、子授けなどの縁結びにご利益があるとのことです。


和泉式部の故事を生んだのはこの結社です。

20111211_2167522

結社(ゆいやしろ)御祭神 磐長姫命
神武天皇(初代天皇)の祖父にあたられる瓊々杵命(ににぎのみこと)が木花咲耶姫を娶らんとする時、父の大山衹命が姉の磐長姫命をおすすめしたが、にに杵命は木花咲耶姫命だけを望まれたため、磐長姫命は大いに恥じ、「吾ここに留まりて人々に良縁を授けよう」といわれ、御鎮座したと伝えられています。
古くより縁結びの神、「恋を祈る神」としての信仰が篤く、平安時代の女流歌人、和泉式部が切ない心情を歌に託して祈願したという話は有名です。
昔はススキ等の細長い草を、今は「結び文」を神前に結びつけて祈願する慣わしがあります。男女の間の縁だけでなく、人と人、会社と会社、就職、進学などあらゆる縁を結んで下さる神様です。(駒札より)

応援のポチッのご協力お願いします。

 

« 貴船神社(5)貴船神社の由緒 | トップページ | 貴船神社(7)思ひ川 »

コメント

貴船神社の本宮から結社(中宮)までまで300メートル上流でしたか!忘れていましたいました!

本宮から結構距離がありますね。
この時は、時間の都合で本宮のみのお参りでした。
今回は過去の画像を使っての記事です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 貴船神社(5)貴船神社の由緒 | トップページ | 貴船神社(7)思ひ川 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ